ユネスコ「世界の記憶」上野三碑 最新情報

上野三碑ユネスコ「世界の記憶」登録1周年記念イベントを開催します

文化財保護課では、上野三碑のユネスコ「世界の記憶」登録1周年を記念して、多胡碑記念館での企画展や専門家による記念講演会のほか、三碑の特別公開を実施します。多くの方のご来場をお待ちしています。

多胡碑記念館第40回企画展「山上碑の世界~古墳から寺院へ」の開催

多胡碑記念館(吉井町池1085)では、第40回企画展「山上碑の世界~古墳から寺院へ」を開催し、山上碑の歴史的意義を探ります。学芸員による解説会や史跡めぐり「山名郷を歩く」なども開催します。詳しくは企画展チラシまたは多胡碑記念館企画展のページをご確認ください。

  • 会期:平成30年10月31日(水)から12月9日(日)まで
  • 開館:午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館:月曜日

学芸員による解説会

  • 日時:
    平成30年10月31日(水)午前10時、午後2時
    平成30年11月24日(土)午後3時30分
  • 申し込み:不要。当日直接会場へお越しください。
  • 参加費:無料

史跡めぐり「山名郷を歩く」

  • 日時:平成30年12月1日(土)午前10時から正午
  • 定員:30名
  • 申し込み:平成30年10月26日(金)から多胡碑記念館に電話で事前申し込み。定員になり次第、受付を締め切ります。

第40回企画展チラシ(PDF形式 3.3MB)

多胡碑記念館第40回企画展「山上碑の世界~古墳から寺院へ」ページ

記念講演会「上野三碑に刻まれた東アジアと古代社会」の開催

終了しました。

講演概要

上野三碑は、東アジアの古代石碑文化が日本列島の地域社会に受容されていく過程を鮮やかに伝える歴史資料であるととともに、7世紀後半から8世紀前半にかけての東国社会の変化の実態を知ることのできる、第一級の歴史資料です。本講演では、「東アジアの石碑文化」「古代東国社会」の2つのキーワードをもとに、上野三碑の歴史的意義を考えます。

  • 日時:平成30年11月3日(土・祝)午後1時30分から3時
  • 会場:吉井文化会館小ホール(吉井町吉井285-2)
  • 講師:三上喜孝氏(国立歴史民俗博物館教授)
  • 費用:無料
  • 定員:先着200人(自由席)
  • 申し込み:不要。当日直接会場へお越しください。

記念講演会チラシ(PDF形式 439KB)

上野三碑の特別公開

終了しました。

普段はガラス越しにしか見られない三碑を直接見ることができます。今回、初めて秋季に公開します。
※石碑保護のため、建物内部には入れません。

  • 日時:平成30年11月4日(日)午前9時から午後3時
  • 会場:山上碑(山名町2104)、金井沢碑(山名町2334)、多胡碑(吉井町池1095)
  • 費用:無料
  • 申し込み:不要。当日直接各会場へお越しください。
  • その他:当日は、上野三碑めぐりバスを増便します。詳しくは運行予定表をご確認ください。なお、バスは混雑が予想されますので、自家用車でお越しの方は車でのご移動をおすすめします。

上野三碑めぐりバス平成30年11月4日運行予定表(PDF形式 12KB)

バス等で山上碑の見学を計画されている方へ

  • 西山名駅から先は道が狭く、普通車より大きな車の通行が困難です。
  • 山名古墳群駐車場が空いていれば、バス等の乗降・待機などにご利用いただけますので、ご活用ください(山上碑まで徒歩25分程度)。
  • その他の道も、バス等の通行は困難、または通行できません。
  • 山上碑は約180段の階段を上がったところにあります。上り下りには十分ご注意ください。

上野三碑の見学について

ユネスコ「世界の記憶」登録後、上野三碑を見学される方が増加しています。三碑周辺は道が狭いので、公共交通機関や上野三碑めぐりバスもご利用ください。

鉄道(上信電鉄)

  • 山上碑:山名駅または西山名駅下車徒歩約20分
  • 多胡碑:吉井駅下車徒歩約25分
  • 金井沢碑:根小屋駅下車徒歩約10分

上信電鉄ホームページ(外部リンク)

バス

観光タクシー

上野三碑めぐりバスを運行します(平成29年11月1日)

平成29年11月1日(水)より、上野三碑を見学される方の利便性向上のため「上野三碑めぐりバス」を運行します。詳細は以下のページを確認してください。

上野三碑めぐりバスを運行します

上野三碑がユネスコ「世界の記憶」に登録されました(平成29年10月31日)

平成29年10月24日(火)から27日(金)まで、フランス・パリにおいてユネスコ国際諮問委員会が開催され、上野三碑のユネスコ「世界の記憶」登録が決定しました。

見学される方へ

上野三碑は周辺道路や駐車場が狭いため、登録後しばらくは混雑が予想されます。できるだけ公共交通機関をご利用ください。また、自家用車でお越しいただく場合は、乗り合わせてお越しください。

上野三碑について詳しくは公式ウェブサイトをご覧ください。

上野三碑(公式ウェブサイト)

ユネスコ「世界の記憶」上野三碑(公式ウェブサイト)へ

上野三碑の一般公開

平成29年3月5日(日)に、上野三碑の一般公開を実施しました。

上野三碑を3Dでご覧いただけるようになりました(平成28年2月4日)

上野三碑の3Dデータを作製し、ウェブサイト上に公開しました。3Dデータによって、碑文を間近で読んだり、普段見ることのできない角度から石碑をご覧いただいたりすることが簡単にできるようになりました。上野三碑の3Dデータをインターネット上で簡単に閲覧することができます。以下の上野三碑ウェブサイトでご覧ください。

上野三碑ウェブサイト(PR動画・3D画像)

閲覧に際して
※3Dデータは、ご利用のパソコンやスマートフォンなどによっては、表示されるまで時間がかかったり、閲覧できなかったりする場合があります。リンク先の注意事項等をよくお読みいただき、ご利用ください。
※3Dデータの閲覧料は無料ですが、ダウンロードやご利用時にかかるパケット通信料はご利用者様のご負担となります。3D画像はデータ量が大変多いため、パケット通信料が多額になったり、通信制限がかかったりする場合がございます。スマートフォンなどの携帯端末等からご覧になる場合は、Wi-Fiなどの非従量課金型インターネット接続環境で閲覧することをおすすめいたします。 

上野三碑の紹介動画を公開しました(平成27年10月20日)

上野三碑を紹介する動画を作成し、高崎市チャンネルに公開しました。映像は全3本で、上野三碑とは何か、また3つの石碑はどのようにしてつくられたのかを紹介しています。
動画は以下のページからご覧ください。

上野三碑ウェブサイト(PR動画・3D画像)

上野三碑が「世界の記憶」の国内候補に決定しました(平成27年9月24日)

このたび、ユネスコ「世界の記憶」をユネスコに申請する物件を決めるための選考委員会が日本ユネスコ国内委員会で行われ、上野三碑をユネスコに推薦する国内候補とすることが決定しました。これにより、上野三碑世界記憶遺産登録推進協議会、群馬県及び高崎市は、平成29年6月に上野三碑がユネスコ「世界の記憶」に登録されることを目指します。
市では、今後も引き続き、上野三碑の情報発信を進め、ユネスコ「世界の記憶」登録を推進してまいります。

上野三碑のロゴマークが決定しました(平成27年8月20日)

平成27年6月22日~7月21日にかけてユネスコ「世界の記憶」登録を目指している上野三碑のロゴマークを日本全国から募集したところ、総計263点の応募をいただきました。
ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。
平成27年8月7日(金)に上野三碑ロゴマーク選考委員会を開催し、最優秀作品を決定しました。決定されたロゴマークは、千葉県佐倉市在住の筆文字創作業小島明子(こじま あきこ)さんと、群馬県前橋市在住のグラフィックデザイナー宮川詳子(みやかわ しょうこ)さんの作品を合わせ、上野三碑ロゴマーク選考委員のグラフィックデザイナー佐藤正幸(さとう まさゆき)さんによって、ひとつのデザインにしたものです。
筆で描かれた山上碑、多胡碑、金井沢碑の柔らかなシルエットが、「三」の文字に乗っているという誰にでもわかりやすいデザインで、のびやかな筆文字のロゴが特徴的です。色は、日本古来の伝統色である「緋色(ひいろ)」です。

ロゴマークは、縦書きや横書き、英語表記などさまざまな種類を用意し、上野三碑のポスターやパンフレット、のぼり旗など多様な媒体で積極的に活用できるようにしていきます。

上野三碑ロゴマークデザイン(ローマ字併記) 

上野三碑ロゴマークデザイン入賞者の画像

 

入賞者

最優秀賞(1点)
小島 明子(こじま あきこ)さん (千葉県佐倉市在住)
宮川 詳子(みやかわ しょうこ)さん (群馬県前橋市在住)

応募総数

263点(応募者174名)

高崎市内51名、群馬県内(高崎市外)16名、県外107名

上野三碑のウェブサイトがオープンしました(平成27年7月31日)

平成29年度にユネスコ「世界の記憶」を目指している「上野三碑」のウェブサイトがオープンしました。今後、PR動画などコンテンツを充実させ、ユネスコ「世界の記憶」登録を推進してまいります。

上野三碑ウェブサイトへのアクセスは以下をクリックしてください。

上野三碑ウェブサイト

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 文化財保護課
  • 電話:027-321-1292
  • ファクス:027-328-2295