高崎産の野菜たっぷり「たかさき福々 まゆ玉入りすき焼き」

高崎市の農産物に造詣の深い東日本調理師専門学校(矢中町)の教務部長・青木茂治先生が、上毛新聞TAKATAIの依頼により、本市の農産物をふんだんに使った新しいすき焼きのレシピを開発しました。

その名も「たかさき福々 まゆ玉入りすき焼き」。

本市の特産であるチンゲン菜を使用しており、まゆ玉をイメージしたお団子も入ってボリューム満点です。

レシピでは上州牛を使用しておりますが、豚肉や鶏肉でも美味しく作れるそうです。

寒い冬にピッタリのご家庭でも簡単に作れるレシピです。是非お試しください。

レシピ

たかさき福々 まゆ玉入りすき焼きの写真

材料(4人分)

  • 上州牛 400g
  • 牛脂 30g
  • チンゲン菜 1株
  • まいたけ 1株
  • しいたけ 4枚
  • 上州ねぎ 1本
  • しらたき 100g
  • 焼き豆腐 1丁

まゆ玉団子

  • ごはん 1カップ
  • 白玉粉 25g
  • 塩、砂糖 少々
  • 水 少々

割り下

  • 出し汁 200ml
  • 砂糖 小さじ2
  • みりん 80ml
  • しょうゆ 50ml

その他

  • 卵 4個
  • 粉山椒、七味唐辛子 少々

※レシピの中のチンゲン菜、まいたけ、しいたけ、上州ねぎ、しらたきは高崎市内産のものです。

上記の食材以外にも、お米やしょうゆも高崎市内産のものがあります。食材はまちなか農産物直売所「フレッシュベジたか」をはじめ、市内の農産物直売所などで入手可能です。(しらたきは入手できない場合があります。)

作り方

  1. チンゲン菜は葉と茎を分け、葉はざく切り、茎は建てに切る。まいたけは小房に分ける。しいたけは石付きを取る。
  2. しらたきは下茹でしておく。焼き豆腐は3cm角に切る。
  3. まゆ玉団子を作る。
    (1)ごはんを熱いうちに半つぶしにする。
    (2)白玉粉に水と塩、砂糖を加え、耳たぶの硬さに練る。
    (3)練った白玉と半つぶしにしたごはんを合わせる。
    (4)まゆ玉の形にとり、茹でて冷水で冷やす。
  4. 割り下の材料を合わせ、ひと煮立ちさせておく。
  5. 通常のすき焼きと同様に仕上げ、溶き卵、好みで粉山椒、七味唐辛子を振って食べる。

このページの担当

  • 農林課
  • 電話:027-321-1317
  • ファクス:027-323-3224