箕輪城の鬼門に位置する祈願所、石上寺

石上寺の石造物群の写真

本堂前の石造物

石上寺は布留山潜龍院と号し、箕輪城の鬼門に位置する真言宗の寺院です。寺伝では、貞観4年(862)、長野氏の祖先といわれる在原業平が創建したと伝えられ、代々城の祈願所とされてきました。弘治3年(1557)、武田信玄の攻撃を受け炎上しましたが、天正19年(1591)、時の城主、井伊直政により再建されたと伝わります。慶長3年(1598)、直政が城を高崎に移したときに、現在の鞘町(さやちょう)に移りました。現在、箕郷町東明屋にある石上寺は、移転後も地域の信徒によって護られ、輪廻の塔や六地蔵石幢(せきどう)などの古い石造物が残っています。【マップ2】

箕郷ぶらぶら歴史ガイドマップ(PDF形式 3.2MB)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 箕郷支所
  •  地域振興課
  • 電話:027-371-5111
  • ファクス:027-371-5777