箕輪城主井伊直政創建の龍門寺

竜門寺総門の写真

豪壮な山門

箕輪城の北東に位置する龍門寺は、天正18年(1590)に井伊直政が創建したと伝わる曹洞宗の寺院です。総門の表紋は橘、裏に井桁の井伊家の紋が刻まれ、市指定の重要文化財になっています。直政は下野国富田(現在の栃木市)の大中寺から名僧の誉れ高い白庵禅師を招きました。慶長3年(1598)、箕輪城から和田への移城の際、直政は白庵に相談し、和田の地を「高崎」と命名しました。翌年には、白庵は高崎の地に龍廣寺を開きました。【マップ1】

箕郷ぶらぶら歴史ガイドマップ(PDF形式 3.2MB)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 箕郷支所
  •  地域振興課
  • 電話:027-371-5111
  • ファクス:027-371-5777