箕輪城主井伊直政を誕生させた女城主、井伊直虎

龍潭寺庭園の風景

龍潭寺の庭園(静岡県浜松市)

井伊直虎は、遠江の井伊谷(いいのや。現在の浜松市内)を中心とした小領主の一人娘。一族の成人男子すべてを失いお家断絶の危機に瀕していた井伊家で、唯一残った幼少の虎松(後の井伊直政)の後見となり、その後の井伊家隆盛の基礎を築いた女城主とされています。直虎が育てた直政は、徳川家康の家臣として出世し、天正18年(1590)、徳川家臣の中で最高石高の12万石で、箕輪城主となりました。平成29年の大河ドラマ放映で、一躍、脚光を浴びています。

このページの担当

  • 箕郷支所
  •  地域振興課
  • 電話:027-371-5111
  • ファクス:027-371-5777