よみがえる郭馬出の櫓門

復元された郭馬出西虎口門の写真

復元された郭馬出西虎口門

郭馬出(かくうまだし)の西側の虎口(出入口)では、発掘調査の結果をもとに平成28年11月に城門が復元されました。12万石の城主となった井伊直政の時代の櫓門(やぐらもん)で、箕輪城の城門の中でも最大規模の城門の一つであったと想定されています。伝統的工法で復元し、屋根は手割りした杉材を使用した板葺き(いたぶき)で、壁は竹を格子状に組んで縄で固定した木舞(こまい)の上に荒壁(あらかべ)を塗り込んでいます。柱や梁は、手斧(ちょうな)で仕上げました。【マップ1】

箕郷ぶらぶら歴史ガイドマップ(PDF形式 3.2MB)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 箕郷支所
  •  地域振興課
  • 電話:027-371-5111
  • ファクス:027-371-5777