諜報の忍び束ねる湛光風車

箕輪城まつりの忍者たちの画像

箕輪城まつりに参加した「忍者」たち

戦国時代の武将は、忍びの者を味方につけ、敵味方の情報をつかんでいました。修験者や虚無僧は全国に組織をもち、各地の情報を知りやすい立場にあり、長野業政も修験者や普化宗(ふけしゅう)の虚無僧を味方につけていました。特に、修験者の道場であった極楽院(現在の箕郷町和田山地内)は大切にされました。業政は普化宗の僧侶・湛光風車(たんこうふうしゃ)を箕輪に招き、慈上寺を建立して住まわせ、情報収集を強化したといわれています。慈上寺は現在の田町(箕郷町西明屋地内)にあったといわれています。

このページの担当

  • 箕郷支所
  •  地域振興課
  • 電話:027-371-5111
  • ファクス:027-371-5777