高野谷戸の悲劇・藤鶴姫伝説

藤鶴姫墓所の写真

藤鶴姫の墓所(高崎市倉渕町)

箕輪城主長野業政の夫人・藤鶴姫(一説には業盛夫人)をめぐる落城時の悲劇が、「藤鶴姫伝説」として伝えられています。落城後、藤鶴姫はわずかな従者とともに越後の上杉を頼り、城を脱出しました。室田から倉渕の高野谷戸(こうやがいと)にたどり着いたとき、後方から追っ手と思われる叫び声を聞いた姫一行は、もはや逃れられぬと覚悟を決め、近くの薬師堂で自害しました。ところが、追っ手と思った声は、実は遅れて駆けつけた家臣の声だったのです。家臣たちは手厚く葬り、姫の墓前を弔うため、この地に土着し、現在も子孫が命日には祭祀を営んでいます。

このページの担当

  • 箕郷支所
  •  地域振興課
  • 電話:027-371-5111
  • ファクス:027-371-5777