生原北野神社と生原のあばれ獅子

北野神社獅子舞の写真

「生原のあばれ獅子」

箕郷町生原にある北野神社は、天神様(菅原道真公)他を祭り、永禄2年の創建と伝えられています。現在の社(やしろ)は文久元年(1861)に築造され、棟梁は原山の清水充賢、彫刻は熊谷の小林源太郎で、この2人は榛名神社の双竜門も建てています。本殿は木造桧皮葺(ひかわぶき)唐破風造りで、彫刻は昇り竜・降り竜をはじめとした精巧なものです。春秋の例大祭には獅子舞が奉納され、流派は稲荷流で勇壮活発、「生原のあばれ獅子」といわれています。【マップ8】

箕郷ぶらぶら歴史ガイドマップ(PDF形式 3.2MB)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 箕郷支所
  •  地域振興課
  • 電話:027-371-5111
  • ファクス:027-371-5777