城域を二分する大堀切による「一城別郭」構造

箕輪城跡大堀切の写真

箕輪城跡 大堀切

箕輪城の城域を南北に分断しているのが大堀切。この堀は幅30メートル、一部試掘の結果、現況地盤より6メートル以上深く、深さは20メートル以上に達し、全国規模となる空堀です。堀には、直交し砂防ダムのような役割を果たす石垣が堀底付近で確認されています。大堀切があることによって城域を一城別郭(いちじょうべっかく)の縄張り(=設計)とし、堀の南側が破られても本丸など北側の中枢部を守ることができるほか、南北の郭の連携による同時攻撃や、一郭が籠城し一郭が攻撃するなど、多彩な戦い方が可能となります。【マップ1】

箕郷ぶらぶら歴史ガイドマップ(PDF形式 3.2MB)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 箕郷支所
  •  地域振興課
  • 電話:027-371-5111
  • ファクス:027-371-5777