個人住民税(市民税・県民税)の特別徴収徹底について

群馬県内全市町村では、平成29年度から個人住民税(市民税・県民税)の給与からの特別徴収実施を徹底します。皆様のご理解とご協力をお願いします。

個人住民税の特別徴収とは

所得税の源泉徴収と同様に、事業主(給与支払者)が、従業員(給与所得者)に毎月支払う給与から個人住民税を特別徴収(天引き)し、従業員に代わって市町村に納付していただく制度です。

特別徴収義務者となる給与支払者(事業主)

地方税法第321条の4の規定により、所得税を源泉徴収する義務のある事業主は、個人住民税を特別徴収していただく義務があります。

これまで特別徴収を行っていなかった事業主についても、平成29年度から特別徴収義務者として指定します。

特別徴収の対象となる給与所得者(従業員)

原則として、アルバイトやパート等を含む全ての従業員から特別徴収する必要があり、特別徴収するかどうかを給与所得者の意思で選択することはできません。

ただし、給与支払報告書と一緒に「普通徴収切替理由書」を提出し、当該理由書に記載されている理由に該当する場合、当分の間例外として普通徴収とすることができます。

関連

市県民税の特別徴収

個人住民税(市町村民税・県民税)特別徴収の事務手引き(PDF形式 985KB)

個人の住民税特別徴収Q&A(PDF形式 289KB)

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 市民税課
  •  個人市県民税
  • 電話:027-321-1218