5つの部屋+I(プラス アイ)

高崎市美術館コレクション 5つの部屋+I(プラス アイ)(2016年)

高崎市美術館には5つの展示室があります。また、高崎市の芸術的パトロンであった事業家・井上房一郎の旧邸を併設しています。この展覧会では、それぞれの展示室に「動物たちの部屋」「顔のある部屋」「いろとかたちの部屋」「木の部屋-深井隆の世界」「孔版画の部屋-没後30年 福井良之助」、旧井上房一郎邸では「美術とくらす家」といったテーマを設け、当館のコレクションを中心に多彩な角度から美術鑑賞を提案し、コレクションの新たな魅力をご紹介します。

会期

平成28年12月2日(金)~平成29年1月21日(土)

主な出品作品

  • 山口薫《牛の頭》1954年、油彩・キャンバス
  • 金子英彦《睨む》1966年、水彩・紙
  • 瑛九《作品》1959年、油彩・キャンバス
  • 深井隆《内なる楽園-夢想の旅-》1991年、樟・金箔・大理石
  • 福井良之助《少女》1950年代、ミメオグラフ・紙
  • ロイ・リクテンスタイン《泣く少女》1963年、オフセットリトグラフ・紙
    (C)Estate of Roy Lichtenstein, New York & JASPAR, Tokyo, 2016 G0657

主催

高崎市美術館

会場

高崎市美術館・旧井上房一郎邸

開館時間

高崎市美術館:
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)

旧井上房一郎邸:
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

12月5日(月)・12日(月)・19日(月)・26日(月)、12月28日(水)~1月4日(水)、1月10日(火)・16日(月)

観覧料

一般:100(80)円/大学・高校生:80(50)円 ( )内は20名以上の団体割引料金

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。

関連事業

  • お気に入りスケッチ
  • ワークショップ「クリスマス・ブレスレット作り」
  • ミュージアム・サロン・コンサート
  • 学芸員によるリレーギャラリートーク

このページの担当

  • 高崎市美術館
  • 電話:027-324-6125
  • ファクス:027-324-6126