乳がんセルフチェックの習慣を

女性の12人に1人が乳がんにかかるといわれています

現在、日本人の乳がん患者数は年々増加しています。30歳代後半から増え始め、50歳代前後でピークとなります。また、20歳代でも閉経後でも、乳がんになる場合があります。食事や生活スタイルの欧米化、女性ホルモン(エストロゲン)との関係や乳がんの家族歴などが影響していると考えられています。

こんな人が乳がんになりやすい

  • 肥満
  • 初経が早く(11歳以下)、閉経が遅い(55歳以上)
  • 初産が30歳以上
  • 出産経験がない
  • 家族に乳がん患者がいる

日頃からの乳がんセルフチェック(自己触診)が大切です

現在、がんの早期発見のために40歳以上の乳がん検診(マンモグラフィ)は有効とされていますが、若年者は乳腺密度が高くマンモグラフィでは精度が低いため検診として推奨されていません。しかし、年代に関わらず、乳がんはセルフチェックで異常を見つけ、がんを疑うことができます。

乳がんセルフチェックの方法

40歳になったら、2年に1度の乳がん検診を受けましょう

「高崎市健康づくり受診券」を使って、乳がん検診(視触診、マンモグラフィ)を受けることができます。

また、20歳以上の女性は子宮がん検診を受けることができます。

「高崎市健康づくり受診券」で受けられるがん検診等

問い合わせ先

このページの担当

  • 健康課
  •  健康づくり担当
  • 電話:027-381-6113