胃がん内視鏡検診について

今年度より、高崎市の胃がん検診に内視鏡検診を追加します。

また、内視鏡検診と組み合わせて受けられるようリスク検診の対象者を変更します。

胃がんのバリウム検診はこれまでどおり40歳以上の人を対象に毎年実施します。

内視鏡検診とバリウム検診の両方対象になる人は、どちらか1つを選んで受けてください。

胃がんは日本人がかかりやすいがんで、患者数は現在もトップです。検診を受けることで、胃がんを早期に発見し、治療に結びつけることができます。

対象者

  • 40歳の人
  • 45歳の人
  • 50歳以上の人(受診年の翌年度は対象になりません。1年おきの対象となります。)

対象者は、「高崎市健康づくり受診券」に『胃がん【内視鏡またはバリウム】検診』と印字(打ち出し)がされます。

内視鏡検診かバリウム検診のどちらか1つの検診を選んで受診してください。同じ年度に「高崎市健康づくり受診券」で両方の検診は受けられませんのでご注意ください。

検査内容

内視鏡(胃カメラ)を口または鼻から挿入し、胃の中を観察します。

組織の一部を採取して細胞の検査(生検)をする場合があります。その場合は、別途費用がかかります。保険診療となりますので、受診時に健康保険証もご持参ください。

受診場所

市内委託医療機関(PDF形式 1.7MB)

受診期間

平成29年5月1日~平成30年1月31日まで

ただし、あらかじめ医療機関(市内委託医療機関(PDF形式 1.7MB))に予約が必要となりますので、お早めに受けてください。

自己負担金

2,000円

70歳以上の人と生活保護世帯・市民税非課税世帯の人(受診時にお申し出ください。)は無料です。

受け方

  1. 「健康のしおり」の30~37ページ【市内委託医療機関(PDF形式 1.7MB)】より医療機関を選ぶ。
  2. 医療機関に「市の胃がん【内視鏡】検診を受けたい」旨の連絡をする。
  3. 医療機関に「高崎市健康づくり受診券」を持参し、説明を受け、予約をする。持病・内服薬等の確認があります。
  4. 検診を受診する。
  5. 医療機関で結果の説明を聞く。

※初めて高崎市の内視鏡検診を受ける時は、胃がん【リスク(ABC)】検診も一緒にお受けください。(内視鏡検診の結果判定に役立ちます。)

注意事項

バリウム検診の結果、要精密検査と判定された場合は、内視鏡検診が必要となります。どちらを受けたらよいか等ご不明な点がありましたら、お問い合わせください。

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 健康課
  •  健康づくり担当
  • 電話:027-381-6113