1歳までの乳児にはちみつを与えないでください

乳児ボツリヌス症とは

1歳未満の乳児は、腸内細菌や腸自体の働きが未熟なため、ボツリヌス菌芽胞を含む食品を食べると腸内で毒素が増え、乳児ボツリヌス症を発症することがあります。

便秘、母乳やミルクの飲みが悪くなる、元気がなくなる、泣き声が弱くなるなどの症状が出ますが、適切な治療により軽快します。まれに死亡することがあります。

ボツリヌス菌と原因食品について

ボツリヌス菌は土壌や湖沼の泥中に広く存在する菌で、はちみつは土壌に生えている植物の花粉を運ぶミツバチが採取するので、芽胞が混入している危険性が非常に高いのです。

ボツリヌス菌の芽胞は、120℃で4分以上加熱しないと壊れないので、家庭の加熱調理では死滅しません。

発症を予防するには1歳までの乳児に、はちみつ及びはちみつを含む食品を食べさせないことです。

はちみつは大変栄養価の高い食品であり、1歳以上の人が食べても問題はありません。

ボツリヌス菌は未精製の黒糖やコーンシロップなどにも含まれていることがあります。これをきっかけに、食品の原材料表示にも注意を払いましょう。

関連リンク

ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから(厚生労働省ホームページ)

このページの担当

  • 健康課
  • 電話:027-381-6113