特定不妊治療の年度をまたぐ治療について

令和4年3月31日以前に治療を開始し、令和4年4月1日から令和5年3月31日までに終了する治療については、令和3年度高崎市不妊に悩む方への特定治療支援基金助成事業で引き続き申請を受け付けます。

1.助成対象となる方

  1. 法律上婚姻関係にあるご夫婦であること(原則、法律婚を対象とするが、生まれてくる子の福祉に配慮しながら、事実婚関係にある者も対象とする。)
  2. 夫婦の双方またはいずれか一方が高崎市に住所を有すること
  3. 特定不妊治療以外の治療によっては妊娠の見込みがないか極めて少ないと医師に診断された方であること
  4. 指定医療機関で特定不妊治療を受けた方
    群馬県内の指定医療機関
    (注)県外医療機関については、所在地の都道府県等で指定医療機関となっている場合は助成の対象となります。
    群馬県外の医療機関(厚生労働省ホームページ)

2.対象となる治療法

1.体外受精または顕微授精

  • 1回の治療は採卵準備のための投薬開始から、体外受精又は顕微授精後の妊娠の確認までをさしますが、以前に行った体外受精又は顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植も含まれます。
  • 採卵をしたが胚移植に至らなかった場合も対象となりますが、卵胞が発育しない等により卵子採取以前に治療を中止した場合は、助成の対象になりません。
  • 凍結された精子、卵子、受精胚の管理料(保存料)や、治療に係る入院費、食事代等は助成の対象になりません。

2.男性不妊治療

特定不妊治療に至る過程の一環として、精子を精巣または精巣上体から採取するための手術を行った場合に助成対象となります。ただし特定不妊治療ステージCの治療を除きます。

男性不妊治療助成対象の費用は「保険適用外の手術、凍結費」で「検査費」は対象外です。

精子を精巣または精巣上体から採取するための手術は、下記を想定しています。

  • 精巣内精子回収法(TESE(C-TESE、M-TESE))
  • 精巣上体精子吸引法(MESA)
  • 精巣内精子吸引法(TESA)
  • 経皮的精巣上体精子吸引法(PESA)
  • 主治医の治療方針により採卵準備前に行った手術で、精子が得られない、または状態のよい精子が得られないため治療を中止した場合は男性不妊単独でも助成対象となり申請可能です。

3.助成内容

1.特定不妊治療の助成

特定不妊治療(A・B・D・E・F)と男性不妊治療を同時に行った場合、特定不妊治療費助成と男性不妊治療費助成をそれぞれ助成します。

特定不妊治療の助成
治療ステージ今回のお子様に対して初めて助成を
受ける際の治療開始時の妻の年齢 ※
申請回数
(お子様一人あたり)
1回の治療あたりの助成上限額
A,B,D,E 40歳未満 1回目~6回目 300,000円
40歳以上 1回目~3回目 300,000円
4回目~6回目 150,000円
全年齢 7回目以降 100,000円
C,F 全年齢 1回~3回 125,000円
4回~6回 100,000円
7回目以降 50,000円
  • 申請は、治療終了日が早い順に、治療ステージに関わらず、他自治体で受けた助成も含めて、通算回数で受付ます。
  • 以前の制度で申請されている場合は、合わせた回数になります。また、助成を受けた後に出産した場合は、回数がリセットできます。(リセットは、自然妊娠や自費による治療での出産、妊娠12週以降の死産も含みます。)

例1)30歳で4回助成を受け出産し、32歳で第2子の治療開始。第2子の初回申請時にリセットすると上限30万円は6回となる。
例2)38歳で2回助成を受け出産し、41歳で第2子の治療開始。第2子の初回申請時にリセットすると上限30万円は3回。この場合、リセットせず上限30万円は残り4回とする。

※年齢要件の特例について

  • 令和2年3月31日時点で、妻の年齢が39歳である夫婦であって令和2年度に新型コロナウイルスの感染防止の観点から治療を延期したものにあたっては、今回のお子様に対して、初めて助成を受けた際の治療開始時における妻の年齢が41歳未満であるときは、上記の表の40歳未満に該当するものとする。(但し、令和2年3月31日時点で以前の助成対象要件に該当する場合のみとなります。詳しくは、お問い合わせください。)
治療ステージ(ご自身の治療ステージについてご不明な点は主治医にご確認ください)
区分治療内容
A 新鮮胚移植を実施
B 凍結胚移植を実施(採卵・受精後、1~3周期の間隔をあけて母体の状態を整えてから胚移植を行うとの当初からの治療方針に基づく治療を行った場合に限る。)
C 以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施
D 体調不良等により移植のめどが立たず、治療終了
E 受精できず、または、胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精等により停止
F 採卵したが卵が得られない、または状態のよい卵が得られないため中止

(注)治療ステージと助成対象範囲については体外受精・顕微授精の治療ステージと助成対象範囲をご覧ください。

治療ステージCである場合については、移植準備のための「薬品投与」の開始が令和4年4月1日以降であっても、令和4年3月31日以前に行った体外受精又は顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植である場合で、保険外診療で行った治療は対象とします。

体外受精・顕微授精の治療ステージと助成対象範囲(PDF形式 118KB)

2.男性不妊治療の助成

特定不妊治療の治療終了日の属する年度又はその前年度に行われた手術が対象。

  • 1回目~6回目30万円
  • 7回目以降上限10万円(治療ステージCの治療を除く・検査費用は対象にならない)但し、今回のお子様に対して、初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳以上の場合には1回目~3回目30万円。4回目~6回目15万円

3.交通費助成

県内医療機関の場合 申請1回につき 2千円
県外医療機関の場合 申請1回につき 1万円

4.申請方法

特定不妊治療終了後(やむを得ず治療を中断した場合を含む)、申請書に関係書類を添付し、高崎市保健所健康課(高崎市総合保健センター4階)又は各地域の保健センターに提出してください。

月曜から金曜日(祝祭日・年末年始は除く)午前8時30分から午後5時15分

5.申請に必要な書類

高崎市に転入し、前住所地で既に助成を受けた方は申し出てください。前住所地に照会をさせていただきます。

【必要書類】1~6の書類は、どなたでも必要な書類です。記入の際に、フリクションボールペン等消えるペンを使用したものは認めません。

  1. 高崎市不妊に悩む方への特定不妊治療支援事業申請書(様式第1号)(PDF形式 183KB)
  2. 高崎市不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書(様式第2号)(PDF形式 191KB)※1
  3. 請求書(市指定のもの)(PDF形式 131KB)※2・請求書記入例(PDF形式 188KB)
  4. 特定不妊治療に係る領収書(原本とコピー両方)※3
  5. 振込口座(夫婦の一方)の通帳コピー※4
  6. 朱肉を使用する印鑑(申請者の印鑑)
【追加書類】下記に該当する場合は、右欄の書類で〇印のあるものも揃えてご持参ください
  戸籍謄本(婚姻と出産したお子様が実子である確認のため)市外の方の住民票(マイナンバー記載ないもの)死産届等のコピー ※6事実婚関係申立書(様式第4号)(PDF形式 98KB)受診等証明書(男性不妊治療用)(様式第3号)(PDF形式 106KB)
対象者の状況夫婦の住所地が違う(双方とも高崎市内)場合        
夫婦の一方が高崎市以外に住所がある場合      
事実婚で二人とも高崎市内に住所がある場合(同居別居不問)      
事実婚で一方が高崎市以外に住所がある場合    
助成制度利用後に、妻が出産したお子様が居る場合※5        
助成制度利用後に妊娠12週以降の死産をした場合※5      〇    
男性不妊治療を申請する場合        

※1 証明書(様式第2号・様式第3号)は、指定医療機関に記入してもらってください。
※2 請求書は、「請求書記入例」で確認してください。印鑑は鮮明に押してください。
※3 領収書及び診療報酬明細書は、受診等証明書(様式第2号)の期間と領収金額が一致するものです。原本は押印後返却します。
※4 通帳は、表紙裏(金融機関名、支店名、店番号、口座番号、口座名義カタカナ表記)ページをコピーしてください。
※5 助成回数リセットを希望する場合のみ必要となります。
※6 死産届等のコピーとは、死産届や母子健康手帳の「出産の状態」ページ、死産証書、死胎検案書等のコピーです。

6.申請期限

治療終了月の3か月後の月の末日(末日が土日祝日の場合には前日)
治療終了月とは、受診等証明書の治療の期間の最終日の月です。一回の治療終了ごとに申請期限が発生します。
申請にあたってすべての書類をすべて揃えていただく必要があります。やむを得ず一部の書類が間に合わず期限までに申請できない場合は、必ず申請期限前に電話で連絡してください。

7.助成金額の交付方法

助成が承認された場合、申請した日から概ね2か月後に承認、不承認決定通知書を送付します。
承認された場合、申請書記載の口座に助成金を振り込みます。

国の助成制度の考え方

国の特定不妊治療助成制度に対する考え方

年齢制限について

高崎市は、妊娠を希望する方が平等に機会を持っていただけるよう、助成の年齢制限を設けませんが、母体の身体的・精神的負担の軽減や、より安心・安全な妊娠・出産という観点から、主治医とよく相談の上、治療を実施するようにしてください。

※参考

近年の結婚年齢の上昇等に伴い、特定不妊治療を受ける方の年齢も上昇しています。一方で、高年齢での妊娠・出産は、様々なリスクが高まるとともに、出産に至る確率も低くなることが医学的に明らかになっています。そのため国は、最新の医学的知見も踏まえ、初回治療年齢が43歳以上の方を助成の対象外としています。

令和4年4月1日以降に開始した治療について

令和4年4月以降に開始した治療

お問い合わせ先

〒370-0829 群馬県高崎市高松町5番地28 高崎市保健所健康課(高崎市総合保健センター4階)
電話:027-381-6113 Eメール:kenkou@city.takasaki.gunma.jp

〒370-3105 群馬県高崎市箕郷町西明屋421-7 高崎市箕郷保健センター
電話:027-371-9060 Eメール:misato-hoken@city.takasaki.gunma.jp

〒370-3592 群馬県高崎市足門町1658 高崎市群馬保健センター
電話:027-373-2764 Eメール:gunma-hoken@city.takasaki.gunma.jp

〒370-1392 群馬県高崎市新町3154番地2 高崎市新町保健センター
電話:0274-42-1241 Eメール:shinmachi-hoken@city.takasaki.gunma.jp

〒370-3345 群馬県高崎市上里見町1072番地1 高崎市榛名・倉渕保健センター
電話:027-374-4700 Eメール:hk-hoken@city.takasaki.gunma.jp

〒370-2132 群馬県高崎市吉井町吉井472番地 高崎市吉井保健センター
電話:027-387-1201 Eメール:yoshii-hoken@city.takasaki.gunma.jp

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 健康課
  •  母子保健担当
  • 電話:027-381-6113