特定不妊治療支援事業についてのお知らせ

平成28年度より助成制度が新制度になっています

申請期間が治療終了日の3ヵ月後の月の末日までとなりました

お早目の申請をお願いします。やむ負えない理由で期限までに申請できない場合は、必ず申請期限前に健康課にご相談ください。

内容

  1. 通算助成回数が6回までとなりました。(他自治体で助成を受けたものも全て含めます)
  2. 年間助成回数の制限がなくなりました。
  3. 通算助成期間の制限がなくなりました。
  4. 年齢制限はありません。
  5. 初回の治療で、初回申請に限り、助成額を最大30万円に増額します。(治療ステージのC、Fを除く)
    ※平成27年度までに、通算5年助成を受けている場合は対象外です。
    ※初回申請時に複数回の申請をする場合は治療終了日が最も早いものを初回の申請とします。
    ※初回の申請をした場合、初回に申請した治療終了日より前の治療の申請はできません。
  6. 男性不妊治療を受けた場合、最大15万円を助成します。
    (特定不妊治療に至る過程の一環として、精子を精巣または精巣上体から採取するための手術を行った場合。治療ステージCの治療を除きます。)
  7. 申請期間が治療終了日の3か月後の月の末日までとなりました。
  8. 申請1回につき、県内医療機関は2千円、県外医療機関は1万円の交通費を助成します。

年齢制限について

近年の結婚年齢の上昇等に伴い、特定不妊治療を受ける方の年齢も上昇しています。一方で、高年齢での妊娠・出産は、様々なリスクが高まるとともに、出産に至る確率も低くなることが医学的に明らかになっています。そのため国は、最新の医学的知見も踏まえ、初回治療年齢が43歳以上の方を助成の対象外としました。

高崎市は、妊娠を希望する方に平等の機会を持っていただけるよう、助成の年齢制限を設けませんが、母体の身体的・精神的負担の軽減や、より安心・安全な妊娠・出産という観点から、主治医とよく相談の上、治療を実施するようにしてください。

このページの担当

  • 健康課
  • 電話:027-381-6113