弾道ミサイル落下時の行動について

北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、関係する地域に対し、政府から全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達されます。また、これと併せて、携帯電話の「緊急速報メール」を通じて、関係する地域の住民に対して情報発信が行われることになっています。

万が一弾道ミサイルが発射され、落下のおそれがある場合には、ただちに以下の行動をとってください。

  • 屋内の場合、窓から離れるか、窓のない部屋に移動する
  • 屋外の場合、近くの建物(できればコンクリート造りなどの頑丈な建物)の中か地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難する。周囲に建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る

関連リンク

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 防災安全課
  •  防災安全担当
  • 電話:027-321-1352