登録統計調査員の募集

登録統計調査員を随時募集します。

国や県が実施するさまざまな統計調査に従事していただく統計調査員の登録希望者を募集しています。

統計調査とは

統計調査には国勢調査、経済センサス、工業統計調査、就業構造基本調査など、様々な調査があります。
調査は5年に一度の周期で実施されるものが多く、世帯を対象とするものや事業所を対象とするものなどがあります。
統計調査で得られた結果は、国や地方公共団体が各種行政施策を企画・立案するうえで、重要な資料として利用されています。

登録統計調査員とは

登録をしていただきますと毎年、翌年の実施調査の意向確認をさせていただきます。日程や都合などが合えば統計調査に従事していただきます。なお、調査員の選任は、調査の種類や規模、調査地域の状況などを考慮して行いますので、登録してもすぐに統計調査員として仕事に従事できるわけではありません。あらかじめご了承ください。

統計調査員の身分

統計調査員は総務大臣等や県知事から、統計調査の都度任命される非常勤の公務員です。任命期間は、1調査あたり概ね2ヶ月程度です。なお、活動中に災害に遭った場合は、公務災害補償が適用されます。また、調査活動を通じて知り得た事項については、調査期間中はもちろん、調査期間後も守秘義務が課せられます。

応募資格

次のすべての条件にあてはまる方

  • 20歳以上で熱意と責任をもって調査事務を遂行できる方
  • 調査上知り得た秘密を保持できる方
  • 警察、選挙、税務事務に従事していない方
  • 暴力団員でない者、暴力団または暴力団員と密接な関係を有しない者であること

応募方法

事前に情報政策課統計担当までご連絡ください。

後日、情報政策課(本庁舎12階)へお越しいただき、登録カードへの記入と簡単な面接をさせていただきます。

お問い合わせ先

高崎市情報政策課統計担当 電話:027-321-1210

統計調査員の仕事の流れ

  1. 調査員事務打ち合わせ会への出席
  2. 調査担当地区の事前確認
  3. 調査対象者への調査票の配布と回収
  4. 調査関係書類の検査と市への提出

報酬

調査活動後、統計調査ごとに調査活動にかかる日数や受持ち件数などに応じて定められた報酬を支払います。

このページの担当

  • 情報政策課
  • 電話:027-321-1210