吉井いしぶみの里公園に咲く大賀蓮(2017)

大賀蓮の様子

※写真は過去の様子です。

「吉井いしぶみの里公園」内の池(約50平方メートル)に咲く大賀蓮(古代蓮)は、例年6月下旬~7月中旬頃に見ごろをむかえます(見学自由)。

蓮の花は、桜の花のようにいっせいに咲いて満開となるものではなく、一輪、一輪が、それぞれ個々に花を開きます。その寿命は短く、おおよそ開花4日目には散ってしまいます。早朝に咲きはじめ、昼ごろには閉じてしまう花が多いため、お越しの際には午前中がおすすめです。

なお、気象・天候の様子によって、開花状況は年によって異なります。詳しいことは当館にお問い合わせください。

「大賀蓮写真展」のご案内(終了しました)

多胡碑記念館では、公募写真展「大賀蓮写真展」を開催します。蓮が見せた様々な表情を、出品者の方々の写真を通して鑑賞することができます。

会期

平成29年7月15日(土)~8月6日(日)
(初日は午後1時から、最終日は午後3時まで)

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日、ただし7月17日(祝)は開館し、翌18日(火)は休館します。

会場

1階ホール(都合により変更する場合があります)

観覧料

写真展のみであれば無料です。ただし、常設展の観覧には別途入館料が必要です。

このページの担当

  • 多胡碑記念館
  • 電話:027-387-4928
  • ファクス:027-387-8726