染色ワークショップ

草木染体験「シルクウールのストールを染める」

びわシルクウール

70cm×180cmのシルクウールのストールをビワの樹皮で染めます。

開催日

令和4年1月10日(月・祝)

時間

午前10時~午後0時30分

会場

染色工芸館 実習室

指導

園職員

対象

高校生以上の人

定員

12人

参加費

3,500円

持ってくるもの

  • マスク着用
  • 汚れてもよい服装
  • エプロン
  • ビニール袋(染めたストールを入れて持って帰る用)

申込方法

申込は往復はがき、ファクス、メールのいずれかでお申し込みください。

住所・氏名・電話番号・講習会名を書いてください。
1件につき1名の応募で、お申し込みください。

申込方法は下記のページをご確認ください。

講習会の申し込み方法

締め切り

12月21日(火)必着

草木染体験「重ね染でシルクストールを染める」

重ね染緑色1 重ね染緑色2

55cm×180cmのシルクストールを藍で下染めし、コブナグサで染め重ねて緑色にします。

絵の具では、緑色を出すのに青色の絵の具と黄色の絵の具をパレットの上で混ぜて紙に塗りますが、草木染では、古来より白い布をまず藍染で青く染め、次に黄色が染まる染料植物で染め重ねる方法で緑色を染めてきました。染める液の段階で二つの液を混ぜて染めても緑色を染めることができないのが、絵の具との違いです。植物は緑色をたくさん持っているように見えますが、それは葉緑素なので染まらないのです。古来の方法でストールを緑色に染める体験です。

開催日

2月27日(日)

時間

午前10時~午後3時(昼休憩あり、昼食は園内レストランの利用もできます。)

会場

染色工芸館 実習室

指導

園職員

対象

高校生以上の人

定員

8人

参加費

4,000円

持ってくるもの

  • マスク着用
  • 汚れてもよい服装
  • エプロン
  • ビニール袋(染めたストールを入れて持って帰る用)
  • お弁当

申込方法

申込は往復はがき、ファクス、メールのいずれかでお申し込みください。

住所・氏名・電話番号・講習会名を書いてください。
1件につき1名の応募で、親子でも1件ずつお申し込みください。

申込方法は下記のページをご確認ください。

講習会の申し込み方法

締め切り

2月8日(火)必着

草木染体験「木綿のTシャツを染める」

Tシャツ表 Tシャツ裏

サンプルで染めたものです。左が表側、右が裏側となります。

令和3年度の植物園は、赤の力をテーマにして、展示や講習会をいろいろ行ってきました。3月はその最後の月です。茜から赤を染めて身に着けようと、Tシャツを染めていただきます。

インド茜を使い、豆汁下地(ごじるしたじ)をした半袖Tシャツを、菊花絞り(きっかしぼり)で赤色に染めます。豆汁下地をしなくても桃色には染まるのですが、赤色には染まらないのです。講習会の前に、園で豆汁下地をして準備しておきます。絞り模様を入れる場所は自由に配置してください。

開催日

3月13日(日)

時間

午前10時~午後1時

会場

染色工芸館 実習室

指導

園職員

対象

高校生以上の人

定員

9人

参加費

3,500円

持ってくるもの

  • マスク着用
  • 汚れてもよい服装
  • エプロン
  • ビニール袋(染めたストールを入れて持って帰る用)

申込方法

申込は往復はがき、ファクス、メールのいずれかでお申し込みください。

住所・氏名・電話番号・講習会名・Tシャツのサイズを書いてください。
Tシャツのサイズは、男女兼用で、S・M・L・XLです。

1件につき1名の応募で、親子でも1件ずつお申し込みください。

申込方法は下記のページをご確認ください。

講習会の申し込み方法

締め切り

2月15日(火)必着

このページの担当

  • 染料植物園
  • 電話:027-328-6808
  • ファクス:027-328-6818