特別展「多胡郡の郷と人々~古代の多胡郡にはこんな人たちがいた~」

ユネスコ「世界の記憶」登録に向けて県内外で関心が高まっている上野三碑は、その内容や価値についても知られるようになってきました。特に、碑の建立に関わった者と、その縁に連なる人々の名が記されており、多胡郡建郡前後の佐野三家を中心とした氏族の動きをうかがい知ることができます。

また、上野国分寺の修造期のヘラ書き文字瓦には、「山字物部子成」のように「山字(郷)」+「物部子成」という、多胡郡の郷名と人名を表現したものが多く認められます。このことから、上野国分寺の修造は、多胡郡の氏族が中心になって支えていたことがわかります。

そこで、多胡郡の人々に焦点を当てた特別展を開催し、上野国分寺跡出土の文字瓦を通して、多胡郡内に居住した氏族が、上野国分寺に瓦を寄進していたことを具体的に跡づけ、あわせて、史料や考古遺物等からうかがえる渡来系の人々にも注目します。

会期

平成29年10月24日(火)~12月10日(日)

開館時間

午前9時30分~午後5時(入館は閉館30分前まで)

休館日

月曜日

観覧料

通常の観覧料に同じ

なお10月28日(土)県民の日は観覧無料

展示資料

  • 「吉井」銘文字瓦(高崎市教育委員会蔵)
  • 「山浄万呂」銘文字瓦(高崎市教育委員会蔵)
  • 「武若万呂」銘文字瓦(高崎市教育委員会蔵)
  • 「片岡郡」銘刻書土器(高崎市教育委員会蔵)ほか

石製紡錘車などあわせて63点を展示

展示会場

多胡碑記念館(2階)企画展示室

関連行事(ミニ講座)

展示のより深い理解を目的とした、当館学芸担当による解説を行います。

いずれも定員25名で、10月11日(水)午前9時30分から電話受付にて申し込みを開始します(先着順)。

  • 開催日:平成29年11月4日(土)、11月18日(土)
  • 時間:午後2時~3時(両日とも)
  • 会場:多胡碑記念館研修室

問い合わせ

多胡碑記念館
電話:027-387-4928

このページの担当

  • 多胡碑記念館
  • 電話:027-387-4928
  • ファクス:027-387-8726