要配慮者利用施設における避難確保計画

平成29年6月の水防法及び土砂災害防止法の改正に伴い、水防法に基づく「洪水浸水想定区域」、または土砂災害防止法に基づく「土砂災害警戒区域」「土砂災害特別警戒区域」内に所在する要配慮者利用施設は、避難確保計画の作成及び避難訓練の実施が義務となりました。

本市における避難確保計画書の受け付けは、平成30年4月以降を予定しています。

対象施設

水防法に基づく「洪水浸水想定区域」または土砂災害防止法に基づく「土砂災害警戒区域」「土砂災害特別警戒区域」内に所在する要配慮者利用施設で、高崎市地域防災計画において指定する施設が対象となります。

高崎市地域防災計画(平成29年3月)(PDF形式 30.2MB)

区域を確認する方法

「洪水浸水想定区域」「土砂災害警戒区域」「土砂災害特別警戒区域」は、高崎市地図情報システム「まっぷdeたかさき」でご確認いただけます。

高崎市地図情報システム「まっぷdeたかさき」(新しいウインドウで表示)
(洪水は1/15,000以上、土砂災害は1/3,750以上の縮尺でご覧ください。)

注意

平成27年以降、「洪水浸水想定区域」の見直しが行われました。最新の洪水浸水想定区域図は、以下の各河川管理者のページでご確認ください。高崎市地図情報システムの更新作業は今後行います。

避難確保計画作成の手引き・様式

洪水(水防法)

手引き

  1. 避難確保計画作成の手引き(医療施設等向け)(PDF形式 572KB)
  2. 避難確保計画作成の手引き(医療施設以外向け)(PDF形式 533KB)

避難確保計画作成の手引き(別冊)(PDF形式 2.0MB)

様式

洪水時の避難確保計画(様式)(ワード形式 104KB)

土砂災害(土砂災害防止法)

手引き

土砂災害に関する避難確保計画作成の手引き(PDF形式 2.3MB)

様式

土砂災害に関する避難確保計画(様式)(ワード形式 745KB)

関連リンク

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 防災安全課
  • 電話:027-321-1352