社会教育講師研修会(平成30年度)

「心に響く生涯学習活動~スピーチ力をアップする伝わる声の作り方~」

社会教育講師を対象とした研修会を年1回行っています。平成30年度は6月27日に以下の内容で開催しました。

日時

平成30年6月27日(水)午後1時30分~3時30分

会場

高崎市市民活動センターソシアス活動室

講師

久林 純子 氏(フリーアナウンサー、高崎経済大学・新島学園短期大学非常勤講師)

内容

今年度はフリーアナウンサーで高崎経済大学・新島学園短期大学非常勤講師の久林純子さんをお迎えして、「スピーチ力をアップする伝わる声の作り方」をテーマに、講義と実技を交えてお話しいただきました。

前半の講義では、コミュニケーションとはどういうものかを再確認したうえで、話し手が聞き手に与える3つの影響である「言語情報」、「聴覚情報」、「視覚情報」について学び、それぞれの情報の影響力を数値化したメラビアンの法則についてお話しいただきました。その中でも「聴覚情報」について特に注目し、話し方を意識することで、聞き手に与える印象を高めてスピーチ力をアップすることができるというお話は大変参考になりました。

後半の講義では、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を朗読することにより、聞き手に「伝える」ための発声の練習をしました。その後、2人1組となり、聞き手に話を聞いてもらえる場合の会話と、話を聞いてもらえない場合の会話の2パターンのコミュニケーションを体験していただきました。この体験により、コミュニケーションとは分かち合う事であり、分かち合いは聞き手が左右しているということを実感していただくことが出来ました。

日頃より、社会教育講師としてご自身の専門分野について伝えるための活動をされている皆様にとって、多くのものを感じていただける研修会になったことと思います。

研修会の様子1 研修会の様子2 研修会の様子3

参加者

社会教育講師、生涯学習推進員

問い合わせ

地域人材支援センター(高崎市市民活動センター内)
電話:027-329-7114 ファクス:027-372-3120
Eメール:shiminkatsudou@city.takasaki.gunma.jp

このページの担当

  • 市民活動センター
  • 電話:027-329-7114
  • ファクス:027-372-3121