幽玄なる世界-吉野石膏日本画コレクション展

「幽玄なる世界-吉野石膏日本画コレクション」バナー、上村松園《青眉》1934年

幽玄なる世界-吉野石膏日本画コレクション

近代絵画コレクションとして著名な吉野石膏コレクションのなかから近代日本画の優品を紹介します。

吉野石膏コレクションは、吉野石膏株式会社と2008年に創設された公益財団法人吉野石膏美術振興財団が所蔵する美術コレクションです。吉野石膏美術振興財団は、美術分野の活動支援など、文化活動による社会貢献を目的として吉野石膏株式会社によって設立され、その創業の地である山形県では、コレクションを美術館に寄託し、作品公開を積極的に行っています。コレクションには、風景画、花鳥画、人物画と、さまざまな画家の作品が網羅され、幅と奥行きにおいて比類がありません。

本展覧会では、吉野石膏コレクションのなかから選りすぐりの日本画作品を紹介し、その幽玄なる世界をお楽しみいただきます。

会期

2018(平成30)年9月8日(土)~10月26日(金)

主催

高崎市タワー美術館

後援

朝日新聞社前橋総局、産経新聞前橋支局、上毛新聞社、東京新聞前橋支局、毎日新聞前橋支局、読売新聞前橋支局、群馬テレビ、J:COM群馬、FM GUNMA、ラジオ高崎

会場

高崎市タワー美術館(〒370-0841 高崎市栄町3-23 電話:027-330-3773)

開館時間

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午前10時~午後8時(入館は午後7時30分まで)

会期中の休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日火曜日休館)
会期中の休館日:9月10日・18日・25日、10月1日・9日・15日・22日

観覧料

一般:500円(400円)、大学・高校生:300円(250円)

  • ( )内は20名以上の団体割引料金です。
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。

関連事業

1.ミニ講座「吉野石膏日本画コレクションの楽しみ方」

吉野石膏コレクションの紹介や展示作品の楽しみ方をスライドを用いてお話します。

  • 日時:9月23日(日・祝) 午後2時~
  • 定員:当日先着20名(申込不要)
  • お申し込みは不要です。時間になりましたら4階会議室においでください。別途観覧料が必要になります。

2.学芸員による作品解説会

  • 日時:9月8日(土)、10月7日(日)、10月20日(土) 午後2時~
  • お申し込みは不要です。時間になりましたら、4階受付前にお集まりください。別途、観覧料が必要となります。

3.夕方からの作品解説会

  • 日時:9月21日(金)、10月12日(金) 午後6時~
  • お申し込みは不要です。時間になりましたら、4階受付前にお集まりください。別途、観覧料が必要となります。

チラシなど

幽玄なる世界-吉野石膏日本画コレクションチラシ(PDF形式 517KB)

主な展示作品

東山魁夷《山峡飛雪》1983年
1

横山大観《海暾》1943-44年頃
2

上村松園《待月》1944年
3

加山又造《猫》1966年
4

菱田春草《雪中の鹿》1910年頃
5

上村松園《ほたる》1913年頃
6

小林古径《羅浮仙》1912-26年頃
7

  1. 東山魁夷《山峡飛雪》1983年
  2. 横山大観《海暾》1943-44年頃
  3. 上村松園《待月》1944年
  4. 加山又造《猫》1966年
  5. 菱田春草《雪中の鹿》1910年頃
  6. 上村松園《ほたる》1913年頃
  7. 小林古径《羅浮仙》1912-26年頃

※画像の無断転載(二次使用など)は禁止します。

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 高崎市タワー美術館
  • 電話:027-330-3773
  • ファクス:027-321-7277