ノロウイルスの感染症・食中毒予防対策について

感染性胃腸炎の患者発生は、例年12月の中旬頃にピークとなる傾向がありますが、この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特にノロウイルスによる集団発生例が多く見られています。
ノロウイルス食中毒においては、平成28年の食中毒詳報から得られた結果によると、約8割は調理従事者を介した食品の汚染が原因とされており、手洗いや就業前の健康状態の確認といった、調理従事者の衛生管理の徹底が予防対策として重要です。
つきましては下記の参考資料をご参照の上、ノロウイルス感染症・食中毒の予防及び発生時の対応について、改めて各職員へ周知・徹底していただくとともに、状況に応じた適切な対応にご留意されますようお願いいたします。

関連情報

ノロウイルスによる食中毒などの感染防止に係る注意喚起について

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 長寿社会課
  •  福祉施設担当
  • 電話:027-321-1248