松尾敏男展 Matsuo Toshio A Retrospective

松尾敏男展バナー 《翠苑》2001年 衆議院蔵

松尾敏男展

平成24年に文化勲章を受章した日本画家・松尾敏男(1926-2016)は、牡丹の名手として知られていますが、初期から晩年に至るまで、花鳥・人物・風景・動物と幅広いテーマに取り組み、留まることなく歩み続けました。対象と真摯に向き合い、感得した生命の輝きを、清澄な色彩で描き出した作品には、画を愛し描くことに人生を捧げた松尾の誠実な人柄までもが表れています。

本展覧会は、生前に松尾が自ら出品作品を選定し「最後の展覧会」と位置づけていた企画で、没後初の回顧展として開催いたします。一途に画道を追求した松尾敏男の、格調高い世界をお楽しみください。

山田洋次監督推薦文

映画監督 山田洋次さんの写真

画家、映画評論家、体操選手、どの道に進んでも成功したであろう天才、松尾敏男さん。

アヴァンギャルドな発想と軽やかな仕事への取り組み方は日本画壇の老巨匠というイメージを覆した。

映画監督 山田洋次

会期

平成31年2月2日(土)~平成31年3月24日(日)

主催

高崎市タワー美術館

後援

上毛新聞社、NHK前橋放送局、群馬テレビ、J:COM群馬、FM GUNMA、ラジオ高崎

協力

一般財団法人 松尾財団、公益財団法人 日本美術院

企画協力

産経新聞社

会場

高崎市タワー美術館(〒370-0841 高崎市栄町3-23 電話:027-330-3773)

開館時間

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午前10時~午後8時(入館は午後7時30分まで)

会期中の休館日

毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日火曜日休館)
2月4日・12日・18日・25日、3月4日・11日・18日

観覧料

一般:500円(400円)、大学・高校生:300円(250円)

  • ( )内は20名以上の団体割引料金です。
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。
  • 天皇陛下御在位30年を慶祝し、2月24日(日)は観覧料を無料とします。

関連事業[申込不要、要観覧料]

1.スペシャルギャラリートーク

  • 日時/3月3日(日)午後2時~
  • 講師/那波多目功一(日本画家、日本美術院代表理事)、松尾由佳(松尾財団理事長、松尾敏男長女)

2.コンサートと松尾敏男のエッセー朗読

  • 日時/2月23日(土)午後2時~
  • 出演/ピアノ:松尾由佳、朗読:田井中将希(俳優)

3.学芸員による作品解説会

  • 日時/2月2日(土)・17日(日)、3月17日(日)・23日(土)午後2時~

チラシなど

松尾敏男展チラシ(PDF形式 809KB)

主な展示作品

《玄皎想》2015年
1

《彩雨》2001年 衆議院蔵
2

《鳥碑》1968年 長崎県美術館蔵
3

《南風先生像》1980年 熊本県立美術館蔵
4

《朝光富士》(歌舞伎座緞帳原画)2010年 株式会社永谷園ホールディングス蔵
5

《長崎旅情》2014年 長崎県美術館蔵
6

横綱・白鵬関化粧まわし「白牡丹」2013年
7

  1. 《玄皎想》2015年
  2. 《彩雨》2001年 衆議院蔵
  3. 《鳥碑》1968年 長崎県美術館蔵
  4. 《南風先生像》1980年 熊本県立美術館蔵
  5. 《朝光富士》(歌舞伎座緞帳原画)2010年 株式会社永谷園ホールディングス蔵
  6. 《長崎旅情》2014年 長崎県美術館蔵
  7. 横綱・白鵬関化粧まわし「白牡丹」2013年 原画:松尾敏男

※画像の無断転載(二次使用など)は禁止します。

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 高崎市タワー美術館
  • 電話:027-330-3773
  • ファクス:027-321-7277