4月から男性の風しん対策事業が始まりました

※このページは、随時情報を更新していきます。

今般の風しんの流行を受け、国は、公的な予防接種を受ける機会がなく抗体保有率が他の世代に比べて低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性に対し、2022年3月31日までの3年間に限り、風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられることとしました(風しんの第5期定期予防接種(抗体検査)または、風しんの追加的対策といいます)。

風しんは、感染力の強い感染症です。妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児の目や耳、心臓などに障害が残る可能性が高く、また、まれに重篤な合併症を併発することもあり軽視することのできない感染症です。感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

今年度の対象となる方には、3月下旬、市よりクーポン券を郵送いたしました。クーポン券を使ってまずは風しんの抗体検査を受けていただき、抗体価が十分でないと判明した場合のみ予防接種に進みます(麻しん風しん混合ワクチン)。

ただし、対象年齢に該当する方でも、過去に明らかに風しんに罹患した記録が残っている方や抗体検査を受けた記録の残っている方、予防接種を受けた記録の残っている方については扱いが異なってくる場合があります。下記リンクのフローチャートでご確認ください。

風しんの抗体検査実施フローチャート(厚労省手引きより)(PDF形式 230KB)

対象者について

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性について、3か年計画で段階的に行います。

平成31年度は、昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性に対して、クーポン券を送付します。

※昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性についても、市に希望すればクーポン券を個別に発行します。窓口やお電話で保健予防課までお申し込みください。

クーポン券とは

  • 風しんの抗体検査や予防接種を受けるために、医療機関や検診機関の窓口等に提示する必要のある受診券です。抗体検査用と予防接種用がセットになっています。クーポン券がないと無料で抗体検査や予防接種が受けられませんので、大切に保管してください。
  • クーポン券は発行年度内のみ有効です。次年度からは再度新しい有効期限の記載されたクーポン券が発行される予定ですので、使用する際は有効なクーポン券かどうかご注意ください。
  • 高崎市から転出する際は、使用できなくなりますので破棄してください。新住所地から新しいクーポン券が届くことになりますが、お急ぎの場合は転出先市区町村にお問い合わせください。
  • 万が一紛失した際は、保健予防課までお問い合わせください。

抗体検査の実施場所

対象者の多くが働く世代であることから、

  • 企業にお勤めの方は、職場で実施する健康診断
  • 国民健康保険の被保険者等の方は、特定健康診査

の機会に受検できるように環境整備を進めています。それぞれ、勤務先や市(保健予防課)にお問い合わせください。

また、健診の機会以外でも、本事業に参加している全国の医療機関等で受けられます。市内の実施医療機関については、下記の表をご覧ください。リストは、随時更新します。

風しん第5期定期予防接種・抗体検査市内実施医療機関一覧(PDF形式 283KB)

全国の実施医療機関リストは、厚生労働省の下記ホームページで確認できます。

厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策」

検査の結果、抗体価が低かった場合

抗体検査の結果は、実施した医療・健診機関から対面もしくは郵送により通知されます。抗体価が低い(=十分な量の風しんの抗体が無い)と判明した場合、風しんの第5期定期予防接種の対象となります。

抗体価が低いとされる基準値は、下表のとおりです。

風しん抗体検査結果の基準値(厚労省手引きより)(PDF形式 304KB)

該当する方は、実施医療機関にクーポン券と検査結果を持参して、予防接種を受けてください(抗体検査を受けた医療機関で対面で結果を返却された場合は、その場でクーポン券を用いて接種を受けることもできます)。

予防接種の実施場所

本事業に参加している全国の医療機関等で受けられます。市内の実施医療機関については、以下の表をご覧ください。リストは、随時更新します。

風しん第5期定期予防接種・抗体検査市内実施医療機関一覧(PDF形式 283KB)

全国の実施医療機関リストは、厚生労働省の下記ホームページで確認できます。

厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策」

費用

抗体検査費用、予防接種費用とも無料です(クーポン券の提示が必要です)。

関連リンク

厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策」

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 保健予防課
  • 電話:027-381-6112