医療用ウィッグ等の補助事業を実施しています

がん治療等を受けている市民の経済的な負担を軽減するとともに、療養生活の質の向上や、就労などの社会生活を支援することを目的とし、平成31年4月1日より、がん治療等に伴う外見の変化をカバーする補整具の購入費用の補助を実施しています。令和5年度より、1人につき2回まで申請できます。

補助を受けることが出来る人

対象となる人は、次の項目いずれにも該当する人です。

  • 申請時点で本市に住民登録している人
  • がん治療等に伴う脱毛や手術などにより、外見の変化に対する補整具が必要な人

対象となるもの

補助の対象となるのは、補整具を購入した日の翌日から起算して1年以内のものです。

  • ウィッグ(かつら)
  • 胸部補整具(ノンワイヤーソフトブラ、パッドなど)
  • エピテーゼ(人工乳房、顔面の補綴など)等

補助金額

購入して1年以内の補整具購入費用(1回30,000円まで)

  • 補助対象者1人につき2回まで申請できます。

(過去に1回申請した人も、もう一度申請できます。)

  • 補整具の種類は問いません。

申請手続き

申請に必要な書類

  • 高崎市医療用ウィッグ等購入費補助金交付申請書

※下記の申請先窓口や県内のがん拠点病院等のがん相談支援センターにも設置しています。

  ご案内チラシ(PDF形式 173KB)
  Q&A(PDF形式 175KB)
  申請書(PDF形式 391KB)
  申請書記入例(PDF形式 685KB)
  請求書(PDF形式 129KB)
  請求書記入例(PDF形式 195KB)
  委任状(PDF形式 24KB)

  • 治療方針計画書、診療明細書、お薬手帳などの写し

・ウィッグ:抗がん剤など脱毛の副作用のある薬剤名がわかる書類
・胸部補整下着:手術の内容(乳房切除術や乳房温存術等)がわかる書類

  • 購入した補整具の購入額がわかる書類(領収書原本)
  • 対象者(申請者)の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等の写し)※健康保険証の場合は、被保険者番号と保険者番号を付箋等で見えないようにしてからコピーをしたものを添付して下さい。
  • 振り込み先口座が確認できる書類(通帳の写し)
  • 請求書

申請期限

補整具購入時の領収書発行日の翌日から起算して1年以内に申請してください。

申請先

申請に必要な書類をそろえて、高崎市保健所健康課健康づくり担当または各地域の保健センターへ郵送またはご持参ください。ご家族がご持参いただいても結構です。

問い合わせ先

  • 高崎市保健所健康課健康づくり担当(高崎市総合保健センター4階) 電話:027-381-6114 
  • 高崎市箕郷保健センター 電話:027-371-9060
  • 高崎市群馬保健センター 電話:027-373-2764
  • 高崎市新町保健センター 電話:0274-42-1241
  • 高崎市榛名・倉渕保健センター 電話:027-374-4700
  • 高崎市吉井保健センター 電話:027-387-1201

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 健康課
  •  健康づくり担当
  • 電話:027-381-6114