高崎市多胎妊婦健康診査費助成事業についてお知らせ

高崎市では、多胎妊娠をしている人に、平成31年4月1日以降に受ける妊婦健康診査で、自己負担した費用の一部を助成します。

多胎妊娠時の妊婦健康診査

二人以上の赤ちゃんを同時に妊娠することを、総称して多胎妊娠と呼びます。

多胎妊娠では、単胎妊娠に比べて、早産、妊娠高血圧症候群、貧血、子宮内発育遅延などのリスクが高いため、妊娠中十分な経過観察・体調管理が必要となります。

このため、「妊婦健康診査受診票」に示している検査以外に、健康状態の確認・管理をするための妊婦健康診査が追加で必要となる場合があります。

助成の内容

助成対象

平成31年4月1日以降の妊婦健康診査受診日において、市内に住所を有し、高崎市が「妊婦健康診査受診票」を交付した多胎妊娠をしている人。

※市外へ転出する人は、市内に住所を有する期間に受けた妊婦健康診査のみ助成しますので、転出手続きと一緒に申請手続きをしてください。

※高崎市に転入した人は、前住所地で交付された受診票を高崎市の受診票に差し換えますので、速やかに手続きをしてください。

助成金額

平成31年4月1日以降に受ける妊婦健康診査で、「妊婦健康診査受診票」で補助する金額を超えて支払った費用と、「妊婦健康診査受診票」で受けられる14回に追加して受けた妊婦健康診査で支払った費用(保険診療を除く)で、1妊娠当たり、10万円まで。

里帰り出産などで、群馬県外の医療機関で妊婦健康診査を受けた場合

妊婦健康診査費の助成申請を行ったのち、残りの費用について助成します。

申請方法

必要書類をそろえて、出産(または、妊婦健康診査を必要としなくなったとき)から、1年以内に健康課または各保健センターに申請してください。ただし、高崎市民でなくなったときは、速やかに申請してください。

必要書類

  1. 高崎市多胎妊婦健康診査費助成申請書
  2. 請求書
  3. 妊婦健康診査を受けた時に支払った費用の領収証とコピー
  4. 振り込み先通帳の口座情報部分のコピー
  5. 母子健康手帳(この妊娠期間に交付したものすべて)
  6. 母子健康手帳の「妊娠中の経過」のページのコピー(1冊分)
  7. 印鑑(朱肉を使用するもの)

高崎市多胎妊婦健康健康診査費助成ご案内(両面)(PDF形式 208KB)

高崎市多胎妊婦健康診査費助成申請書(PDF形式 45KB)

高崎市多胎妊婦健康診査費助成請求書(PDF形式 55KB)

お問い合わせ先

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 健康課
  •  母子保健担当
  • 電話:027-381-6113
  • ファクス:027-381-6125