指定給水装置工事事業者のみなさまへ(更新制の導入について)

2019年10月1日より指定給水装置工事事業者は5年ごとの更新が必要になりました

指定給水装置工事事業者の資質の維持・向上を目指して、「水道法の一部を改正する法律」が、2019年10月1日に施行されました。

指定の有効期間が従来の無期限から5年間となります

旧制度で指定を受けている工事事業者のみなさまは、指定を受けた日によって初回の更新までの有効期間が異なります。(下表参照)

一覧
高崎市より指定を受けた日初回更新までの指定の有効期間
平成10年4月1日~平成11年3月31日 2020(令和2)年9月29日までの1年間
平成11年4月1日~平成15年3月31日 2021(令和3)年9月29日までの2年間
平成15年4月1日~平成19年3月31日 2022(令和4)年9月29日までの3年間
平成19年4月1日~平成25年3月31日 2023(令和5)年9月29日までの4年間
平成25年4月1日~令和元年9月30日 2024(令和6)年9月29日までの5年間

更新の際は事前に通知します

更新については、対象となる指定給水装置工事事業者さま宛に、事前に案内通知を送付します。(郵便の不着や未更新の方への再通知はいたしません。)

手続きの流れ

  1. 円滑な事務手続きを実施するため、更新手続きの期間を設定し(およそ有効期限の2~3ヶ月前)事前に水道局から手続きのご案内を送付します。(※登録してある所在地に送付しますので、住所の変更があった場合は必ず変更届を提出してください。)
  2. 更新手続き期間開始後、期間内に更新に係る書類を提出してください。(郵送可)
  3. 書類審査後、更新手数料10,000円の納入通知書を郵送します。
  4. 入金確認後、指定証を交付します。(交付までの期間は、申請からおよそ3週間程度お時間をいただきます。)

更新申請に必要な書類等

  • 指定給水装置工事事業者指定申請書
  • 誓約書
  • 機械器具調書
  • 定款及び登記事項証明書(法人)
  • 住民票(個人)
  • 選任する主任技術者の確認書類(免状又は技術者証等)

その他高崎市が別途確認する事項

  • 指定給水装置工事事業者研修会(群馬県内の指定給水装置工事事業者を対象に、令和元年11月26日(火)にグリーンドーム前橋で開催されます。)の受講状況
  • 業務内容(営業時間、対応できる修繕・工事等)
  • 給水装置工事主任技術者等の研修((公財)給水工事技術振興財団が実施しているe-ラーニング研修などがあります)の受講状況
  • 適切に作業を行うことができる技能を有する者の従事状況

指定更新の要件

更新の要件は新規指定と同様で、以下のとおりです。

  1. 給水装置工事主任技術者を置くものであること。
  2. 給水装置工事を行うための機械器具を有するものであること。
  3. 水道法等で規定された欠格要件に該当しないものであること。
    《水道法第25条の3及び水道法施行規則第20条に準拠》

指定更新手数料

1件につき、10,000円(非課税)
《高崎市給水条例第30条》

問い合わせ

水道局経営企画課
電話:027-321-1282 ファクス:027-326-4027
Eメール:s-keieikikaku@city.takasaki.gunma.jp