マルク・シャガール ―愛と祈りと冒険と。8つの版画物語ー

マルク・シャガール ー愛と祈りと冒険と。8つの版画物語ー(2019年)

旧ロシア(現在のベラルーシ)のヴィテブスクに生まれ、主にフランスを拠点として活躍したマルク・シャガールは、20世紀において最も高い人気を誇った画家の一人でした。鮮やかな色彩で描かれた、愛と幻想とが交錯するシャガールの世界は、今なお世界中の人々に愛されています。
シャガールはまた、油彩画と同じように版画にも積極的に取り組み、銅版画、リトグラフ(石版画)を中心に、生涯で2,000点を超える数多くの版画作品を残したことでも知られています。本展覧会では、シャガールが生涯に渡る重要なテーマとした旧約聖書に基づく『バイブル』、「千夜一夜物語」の名でも知られるイスラムの説話集をもとにした『アラビアンナイトからの4つの物語』、版画家シャガールの最高傑作との呼び声も高い『ダフニスとクロエ』をはじめ、『悪童物語』『サーカス』『オデッセイ』など、代表的な8つの版画集から全279点を一堂に紹介します。
8つの版画集が紡ぐ、愛と祈りと冒険あふれる物語世界を、シャガールのイマジネーションの翼に乗って旅してみませんか。

会期

令和2(2020)年2月1日(土曜)~3月29日(日曜)

出品作品

  • マルク・シャガール 『ダフニスとクロエ』より《クロエ》1961年刊、リトグラフ・紙

主催・会場

高崎市美術館

企画協力

株式会社 谷口事務所

開館時間

高崎市美術館

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)

旧井上房一郎邸

2月:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
3月:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

会期中の休館日

2月3日(月曜)・10日(月曜)・12日(水曜)・17日(月曜)・25日(火曜)
3月2日(月曜)・9日(月曜)・16日(月曜)・23日(月曜)

観覧料

  • 一般:600(500)円
  • 大学・高校生:300(250)円

※( )内は20名以上の団体割引料金

※インターネット割引券をご提示の方は2名様まで( )内の料金でご覧いただけます。

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。

※旧井上房一郎邸の観覧料は美術館観覧料に含まれます。

関連事業

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月中のイベントを中止いたしました。

  • スペシャル・ギャラリートーク「シャガールの祈りとは何だったのか」【中止】
  • 学芸員によるギャラリートーク【中止】
  • 学芸員によるスペシャルトーク「映画で読み解くシャガールの秘密」【中止】

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 高崎市美術館
  • 電話:027-324-6125
  • ファクス:027-324-6126