旅する風景/高崎市タワー美術館

「旅する風景」バナー

入館時のお願い

開会が延期しておりました「旅する風景」は、5月16日から開会となります。新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、入館に際しましては、以下にご注意いただきたく存じます。

  • 入館に際し、健康状態申告書の記入、提出をお願いしております。
    健康状態申告書(PDF形式 81KB)は受付でお書きいただけますが、こちらからプリントし、記入してお持ちいただけるとよりスムーズです。
  • 検温、手指消毒にご協力ください。
  • 美術館内では、マスク等の着用をお願いします。
  • 発熱、せき、のどの痛み等の症状のある方は観覧をご遠慮ください。
  • 群馬県では県外からの来訪を控える要請が出ておりますため、群馬県外からのご来館はご遠慮ください。
  • 入場制限を行うことがありますので、ご承知おきください。
  • 10名以上のグループでの入館は、人数と時間を調整させていただきます。

旅する風景

絵は時間や場所を超えて、時には作家の心に広がる物語の中にまで旅をさせてくれます。私たちを取り巻く風景は、季節や時刻、光の当たり方や見る人の心情によって絶えず変化し、自分ひとりでは見出すことのできないさまざまな情景に出会えることは、美術鑑賞の醍醐味といえるでしょう。
当館の収蔵作品をご紹介する本展覧会では、作家の目をとおして描かれた風景の中を旅するように作品を鑑賞し、見たことのない景色に出会い、また絵の中に続くストーリーを想像しながら、日本画の世界を味わっていただきます。旅をしてさまざまな出会いをするように、風景の中に入り込んだり眺めたりしながら、日本画の旅をお楽しみください。

会期

2020(令和2)年4月18日(土)~6月28日(日)

主催

高崎市タワー美術館

会場

高崎市タワー美術館(〒370-0841 高崎市栄町3-23 電話:027-330-3773)

開館時間

午前10時~午後6時
金曜日のみ 午前10時~午後8時
(入館は閉館30分前まで)

休館日

月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日

※開会を延期しておりましたが、5月16日(土)から開館いたします。

  • 会期中の休館日/4月20日・27日、5月7日・11日・18日・25日、6月1日・8日・15日・22日
    ※4月28日~5月6日は休まず開館します。

観覧料

一般:200円(160円)、大学・高校生:160円(100円)

  • ( )内は20名以上の団体割引料金です。
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、および付き添いの方1名、65歳以上の方、中学生以下は無料となります。

関連事業

1.学芸員による作品解説会 ※全て中止といたします

  • 日時/4月18日(土)、5月3日(日)・16日(土)・31日(日)、6月14日(日)・27日(土) 午後2時~

お申し込みは不要です。時間になりましたら、4階受付前にお集まりください。
別途、観覧料が必要となります。

チラシなど

旅する風景チラシ(PDF形式 409KB)

主な展示作品

加倉井和夫《花咲く岬》1978年
1

鈴木竹柏《輝く》1996年
2

林功《騒風》1987年
3

高橋常雄《晨(上高地)》1984年
4

守屋多々志《遊行柳(芭蕉)》1989年
5

下村観山《蓬莱》1924年
6

土田麦僊《熊野の山》1918年
7

川合玉堂《松間帆影》1956年頃
8

  1. 加倉井和夫《花咲く岬》1978年
  2. 鈴木竹柏《輝く》1996年
  3. 林功《騒風》1987年
  4. 高橋常雄《晨(上高地)》1984年
  5. 守屋多々志《遊行柳(芭蕉)》1989年
  6. 下村観山《蓬莱》1924年
  7. 土田麦僊《熊野の山》1918年
  8. 川合玉堂《松間帆影》1956年頃

※画像の無断転載(二次使用など)は禁止します。

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 高崎市タワー美術館
  • 電話:027-330-3773
  • ファクス:027-321-7277