「上野三碑かるた」原画・原書のテーマ展示について

上野三碑を楽しみながら学ぶかるたが誕生しました!

上野三碑普及推進会議が、上野三碑の魅力をより多くの人に知っていただき、楽しみながら学んでいただくために作成した「上野三碑かるた」。

多胡碑記念館では、イベントや季節などのテーマに沿って、いくつかの札の原画・原書を展示します。

かるた外箱のイメージ 上野三碑かるた絵札「え」のイメージ 上野三碑かるた読み札「え」のイメージ

左:「上野三碑かるた」パッケージ、中央:「え」の絵札、右:「え」の読み札

絵札制作:塚越 潤(高崎市美術館 館長)
読み札清書:高崎市立高崎経済大学付属高等学校書道部

テーマと展示期間

第3弾の展示風景

第3弾「金井沢碑と仏教の広がり」

  • 会期:令和2年10月6日(火)~12月27日(日)
  • 場所:1階 ホール

当時、大陸伝来の思想だった仏教の広がりを刻む金井沢碑と、仏教にかかわる題材が詠まれた札を集めました。

  • あ「尼寺に のせた瓦は 多胡の焼き」
  • そ「空にそびえる国分寺 七重塔」
  • ほ「法隆寺 支えし食封 山部郷」
  • ふ「仏教の 広がり刻む 金井沢」
  • へ「ヘラ書きの 瓦が語る 放光寺」
  • る「瑠璃色の 空に山上多重塔」
  • や「屋根に雪 嵐が吹いても 石碑あり」

第2弾「古墳特集」(終了しました)

  • 会期:令和2年8月27日(木)~9月22日(火)
  • 場所:1階 ホール

古墳やハニワもいいけど、石室だって面白い!石室の石の形・大きさ・積み方の違いが見どころです。

  • う「漆山 三碑ゆかりの 健守眠る」
  • か「かみつけの 王いた保渡田古墳群」
  • き「金色に 光る銅碗 観音塚」
  • ち「長利も祈る 蛇穴山」
  • ね「ねむる古墳 長利の母の 黒売刀自」
  • の「のぞき込む 磨崖は小暮の穴薬師」
  • ひ「羊太夫 伝説残る 七輿山」
  • ろ「六十基 あった山名の 古墳群」

第1弾「夏が来れば思い出す」(終了しました)

  • 会期:令和2年7月19日(日)~8月23日(日)
  • 場所:1階 ホール

夏の風景が描かれている札と、いつかの夏に出かけた旅の思い出をしのぶ、道・橋、電車・バスが登場する札を選びました。

  • し「上信線 古碑と製糸の夢乗せて」
  • せ「蝉しぐれ 多胡碑の模型 仁叟寺」
  • た「忠敬の 日本図に載る 多胡の古碑」
  • な「夏の夜 根小屋の沢に 舞う蛍」
  • ま「万葉に 佐野の舟橋 歌われる」
  • め「めぐりバス ユネスコ登録 記念して」

「上野三碑かるた」の販売について

  • 価格 1組 880円(税込み)
  • 場所 多胡碑記念館、県内書店

「上野三碑かるた」についての問い合わせ先

上野三碑普及推進会議(事務局:高崎市教育委員会文化財保護課)
電話 027-321-1292

多胡碑記念館
電話 027-387-4928

このページの担当

  • 多胡碑記念館
  • 電話:027-387-4928
  • ファクス:027-387-8726