生誕130年記念 高島野十郎展/同時開催 特集展示 秋山泉

高島野十郎展バナー

解説動画

1.「めざめる野十郎」

2.「旅する野十郎」

3.「みつめる野十郎」

4.「高島野十郎と福岡県立美術館の40年のあゆみ」

5.「みつめる秋山泉」

関連事業解説シート

関連事業の解説シートです。ダウンロードしてご覧ください。

生誕130年記念 高島野十郎展/同時開催 特集展示 秋山泉

独学の油彩による写実を追求した孤高の画家、高島野十郎(たかしま・やじゅうろう/1890-1975)。東京帝国大学農学部水産学科を首席卒業するものの画家を志し、世界の美術動向や同時代の画壇とも交渉を持たず、果実や花などをみつめ、日本各地の自然や社寺風景を描き続けました。生涯描き続けた一本の蝋燭の火や、最晩年に描いた太陽、夜空に浮かぶ月の光など、ただ一つの対象に独自の「写実」への執念を込めた連作には、光と闇をみつめた画家の魂がゆらめいています。昨年の生誕130年を記念して、群馬県利根郡や埼玉県秩父市など高崎市近隣に取材した作品や、生まれ故郷の福岡県久留米市で新発見された作品を含む90点によって旅路をたどり、近年評価が高まる画業の全貌を回顧し、新たな高島野十郎像に迫ります。併せて鉛筆による精緻な描写で、高島と同じく蝋燭などをみつめる現代の画家、秋山泉(あきやま・いずみ/1982-)を特集展示します。

会期

令和3(2021)年9月5日(日曜)~11月7日(日曜)

出品作品

【生誕130年記念 高島野十郎展/同時開催 特集展示 秋山泉】出品リスト(PDF形式 129KB)

高島野十郎《からすうり》昭和10(1935)年
油彩、福岡県立美術館蔵

高島野十郎《早春》大正10(1921)年
油彩、福岡県立美術館蔵

高島野十郎《りんごを手にした自画像》大正12(1923)年
油彩、福岡県立美術館蔵

高島野十郎《蠟燭》大正時代(1912-26年)
油彩、福岡県立美術館蔵

高島野十郎《渓流》昭和21(1946)年
油彩、福岡県立美術館蔵

高島野十郎《月》昭和37(1962)年
油彩、福岡県立美術館蔵

高島野十郎《睡蓮》昭和50(1975)年
油彩、福岡県立美術館蔵

秋山泉《静物VI》令和3(2021)年
鉛筆、小林画廊蔵

主催・会場

高崎市美術館

後援

久留米市

企画協力

福岡県立美術館、TNCプロジェクト、小林画廊

開館時間

高崎市美術館

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)

旧井上房一郎邸

【庭園】予約無しでご覧いただけます。
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

【邸内】当面の間、事前予約制となります。「旧井上房一郎邸に関するお知らせ

会期中の休館日

9月6日(月曜)・13日(月曜)・21日(火曜)・24日(金曜)・27日(月曜)
10月4日(月曜)・11日(月曜)・18日(月曜)・25日(月曜)
11月1日(月曜)・4日(木曜)

観覧料

  • 一般:600(500)円
  • 大学・高校生:300(250)円

※( )内は20名以上の団体割引料金、展覧会チケット半券ご持参のリピーター割引料金

※インターネット割引券をご提示の方は2名様まで( )内の料金でご覧いただけます。
「インターネット割引券について」

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名は無料でご覧いただけます。受付で手帳をご提示ください。

※65歳以上の方は無料でご覧いただけます。年齢の証明ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証、保険証等)を受付でご提示ください。

※中学生以下は無料でご覧いただけます。

※旧井上房一郎邸の観覧料は美術館観覧料に含まれます。

※10月28日(木曜)は群馬県民の日につき観覧料は無料です。

関連事業

【中止】1.記念講演会「高島野十郎と福岡県立美術館の40年のあゆみ」

記念講演会【高島野十郎と福岡県立美術館の40年のあゆみ】解説シート(PDF形式 214KB)

  • 日時:9月5日(日曜)開催予定でしたが、中止となりました。

2.アーティストワークショップ「蝋燭をみつめて描く」

本物の蝋燭や写真から鉛筆デッサンをします。

  • 日時:11月7日(日曜)午後1時~4時
  • 講師:秋山泉(画家)
  • 対象:小学生~大人
  • 持ち物:30cm定規、鉛筆削り
  • 会場:高崎市南公民館
  • 定員:15名(予約先着順、小学3年生以下は保護者同伴)
  • 参加費:無料(展覧会観覧は要観覧料)
  • 申込:定員に達しました

3.みじかい解説会

ゲストや学芸員が会場でテーマごとに30分の短い解説会を行います。

(1)「めざめる野十郎」

みじかい解説会【めざめる野十郎】解説シート(PDF形式 203KB)

  • 日時:9月25日(土曜)午後2時~
  • 講師:当館学芸員
  • 会場:高崎市美術館1階
  • 定員:10名(予約先着順)
  • 参加費:要観覧料
  • 申込:8月25日(水曜)午前10時より高崎市美術館(027-324-6125)にて電話受付

(2)「旅する野十郎」

みじかい解説会【旅する野十郎】解説シート(PDF形式 210KB)

  • 日時:10月23日(土曜)午後2時~
  • 講師:当館学芸員
  • 会場:高崎市美術館2階
  • 定員:10名(予約先着順)
  • 参加費:要観覧料
  • 申込:8月25日(水曜)午前10時より高崎市美術館(027-324-6125)にて電話受付

(3)「みつめる野十郎」

  • 日時:11月6日(土曜)午後2時~
  • 講師:当館学芸員
  • 会場:高崎市美術館3階
  • 定員:10名(予約先着順)
  • 参加費:要観覧料
  • 申込:8月25日(水曜)午前10時より高崎市美術館(027-324-6125)にて電話受付

(4)「みつめる秋山泉」

  • 日時:11月7日(日曜)午前11時~
  • 講師:秋山泉(画家)
  • 会場:高崎市美術館3階
  • 定員:10名(予約先着順)
  • 参加費:要観覧料
  • 申込:8月25日(水曜)午前10時より高崎市美術館(027-324-6125)にて電話受付

4.金曜夜の学芸員ギャラリートーク

  • 日時:10月22日(金曜)午後6時30分~
  • 講師:当館学芸員
  • 会場:高崎市美術館
  • 定員:15名(予約先着順)
  • 参加費:要観覧料
  • 申込:8月25日(水曜)午前10時より高崎市美術館(027-324-6215)にて電話受付

5.俳句inミュージアム第3弾「みつめる先の一句」

美術館内の投句箱に皆さまから未発表俳句を募集し、講師が選句します。ここで感じたことを言葉でつかまえて下さい。

  • 投句期間:9月5日(日曜)~10月10日(日曜)
    ※投句用紙1枚につき2句まで。お1人様2回まで投句していただけます。
  • 選句発表:10月17日(日曜)
    ※優秀賞5句、佳作10句を会場で掲示、配布します。
  • 講師:水野真由美(俳人、朝日新聞上毛俳壇選者)
  • 会場:高崎市美術館
  • 参加費:要観覧料

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 高崎市美術館
  • 電話:027-324-6125
  • ファクス:027-324-6126