化学物質排出把握促進法の政令改正について

化学物質排出把握促進法

「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(化学物質排出把握促進法、又は化管法という。)は、特定の化学物質の環境への排出量等の把握に関する措置(PRTR制度)並びに事業者による特定の化学物質の性状や取り扱いに関する情報の提供に関する措置(化管法SDS制度)を講ずることで、環境の保全上の支障を未然に防ぐことを目的としています。

化学物質排出把握促進法の政令改正(令和3年10月20日公布)

「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律施行令の一部を改正する政令」が令和3年10月20日に公布されました。本政令の施行日は令和5年4月1日となります。

改正の内容

化学物質排出把握促進法の対象となる第一種指定化学物資及び第二種指定化学物質が見直しとなりました。見直しに伴う対象物質数は表のとおりとなります。

見直しに伴う対象物質数について
  現行改正後
第一種指定化学物質 462物質 515物質
うち特定第一種指定化学物質 15物質 23物質
第二種指定化学物質 100物質 134物質

具体的な物質については以下のサイトをご覧ください。

政令改正の詳細については以下のサイトをご覧ください。

PRTR制度について

改正後の対象化学物質の排出・移動量の把握は令和5年度から、届出は令和6年度から実施となります。
令和4年度把握分(令和5年度届出分)は、改正前の化学物質について届出を行ってください。

このページの担当

  • 環境政策課
  • 電話:027-321-1251
  • ファクス:027-321-1161