薪ストーブや暖炉を設置予定の方、ご使用されている方へ(お願い)

地球温暖化対策や再生可能エネルギーへの関心が高まり、また炎の癒やし効果を求めて、ご家庭などで薪や木質ペレットなどの木質バイオマスを燃料とするストーブの普及が進んでいます。

その一方で、薪ストーブなどから発生した煙やにおいに関する相談が増えています。また、不適切な使用方法による火災の恐れもありますので、設置及び使用の際は以下のことに注意しましょう。

設置をご検討されている方へ

設置場所を専門家や工務店と交えて検討しましょう

薪ストーブ等を使用する時期の風向きから煙が流れていく方向を確認しましょう。隣家に煙やすすなどが直接飛ばないよう、設置場所、煙突の位置や高さを十分にとるなど取扱業者や住宅メーカーの担当者とよく話し合いましょう。

ご近所の方へご理解をいただく工夫を

事前にご近所への挨拶や周知を行いましょう。

既にご使用されている方へ

よく乾いた無垢の燃料を使いましょう

乾燥が不十分な薪を燃やすと煙やにおいが出やすくなります。

ごみは燃やさない

廃材や接着剤・塗料・防腐剤など加工された木材を燃やすと、悪臭だけでなく有害物質が発生するなど薪ストーブ等を痛める恐れがあります。

こまめに清掃し、シーズンオフは点検しましょう

煙突にすすやタールがたまるとにおいや火災発生の原因となりますので、取扱業者が推奨する清掃と点検を定期的に行いましょう。

関連情報

木質バイオマスストーブ環境ガイドブック(環境省)(PDF形式 2.6MB)

ご理解とご協力をお願いいたします。

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 環境政策課
  •  環境保全担当 
  • 電話:027-321-1251