視覚の冒険者たち

視覚の冒険者たちバナー

視覚の冒険者たち

美術作品のなかには、視覚の冒険的な試みによってさまざまな「境界」を越え、鑑賞者に心身の揺らぎを感じさせるものがあります。20世紀初頭のキュビスムは、いろいろな視点から見た対象物をひとつの画面に結実させ、固定視点を前提とする伝統的絵画を解体してしまいます。フロッタージュやデカルコマニーなどを駆使するシュルレアリスムは、人間の意識と無意識の境界を軽やかに越えてみせました。
本展覧会では、キュビスム、シュルレアリスム、オプ・アートといった欧米の実験的制作をはじめ、日本の「寄せ絵」から瑛九やオノサト・トシノブ、靉嘔ら戦後のアーティストたち、また現代のコンセプチュアル・アートにいたるまで、視覚の冒険をとおして感覚と思考の試行錯誤を繰り返してきた多彩な表現を紹介します。
また、二次元と三次元との境界を往来しながらイリュージョンを生じさせ、物質と空間の意味をメタ視点から問い直す吉野ももの作品を特集展示します。

会期

令和6(2024)年1月27日(土曜)~3月17日(日曜)

出品作品

掲載している画像の二次利用はできません。

吉野もも「Kami #50 -bloom-」

1

森竹巳「アリュージョン2003-M1」

2

歌川国芳「みかけハこハゐがとんだいヽ人だ」※2月25日までの展示

3 ※1月27日(土曜)~2月25日(日曜)
  までの展示

靉嘔「レインボーキス」

4

上田薫「なま玉子」

5

イヴ・タンギー「聾者の耳」

6

パブロ・ピカソ「首飾りをつけたジャクリーヌの肖像」

7 (c)2024-Succession Pablo Picasso-BCF(JAPAN)

 

 

  1. 吉野もも《Kami #50 -bloom-》2018年 個人蔵
  2. 森竹巳《Alllusion'03-M1》2003年 アクリル・キャンバス 作家蔵
  3. 歌川国芳《みかけハこハゐがとんだいヽ人だ》1847-52年頃 木版多色刷 大判錦絵
    東京富士美術館蔵 ※この作品の展示期間は1月27日(土曜)~2月25日(日曜)です
  4. 靉嘔《レインボーキス》1968年 シルクスクリーン・手彩色・紙・木 高崎市美術館蔵
  5. 上田薫《なま玉子》1975年 油彩・キャンバス 群馬県立近代美術館蔵
  6. イヴ・タンギー《聾者の耳》1938年 油彩・キャンバス 東京国立近代美術館蔵
  7. パブロ・ピカソ《首飾りをつけたジャクリーヌの肖像》1959年 リノカット・紙 高崎市美術館蔵
    (c)2024-Succession Pablo Picasso-BCF(JAPAN)

主催・会場

高崎市美術館

企画協力

rin art association

開館時間

高崎市美術館

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
※混雑状況により入室制限となる可能性がございます。

旧井上房一郎邸

【邸内】
午前10時~11時、午後2時~4時
※混雑状況により入室制限となる可能性がございます。

【庭園】
1月~2月:午前10時~午後5時(入園は午後4時30分まで)
3月:午前10時~午後6時(入園は午後5時30分まで)

会期中の休館日

  • 1月29日(月曜)
  • 2月5日(月曜)・13日(火曜)・19日(月曜)・26日(月曜)
  • 3月4日(月曜)・11日(月曜)

観覧料

  • 一般:600(500)円
  • 大学・高校生:300(250)円

※( )内は20名以上の団体割引料金

※インターネット割引券をご提示の方は2名様まで( )内の料金でご覧いただけます。
「インターネット割引券について」

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名は無料でご覧いただけます。受付で手帳または障害者手帳アプリ「ミライロID」をご提示ください。

※65歳以上の方は無料でご覧いただけます。年齢の証明ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証、保険証等)を受付でご提示ください。

※大学・高校生は大高生料金でご覧いただけます。学生証を受付でご提示ください。

※中学生以下は無料でご覧いただけます。

※旧井上房一郎邸の観覧料は美術館観覧料に含まれます。

関連事業

※内容の変更あるいは中止となる場合があります。最新情報はホームページ・SNSでご確認ください。

高崎市美術館公式X(旧ツイッター)ページへ

1.出品作家によるギャラリートーク 吉野もも「拡張する絵画」

  • 講師:吉野もも(出品作家)
  • 日時:2月18日(日曜)午後2時~
  • 会場:高崎市美術館展示室(3階)
  • 参加費:無料(要観覧料)
  • 申込み:1月23日(火曜)午前10時より高崎市美術館(027-324-6125)にて電話受付

2.出品作家によるワークショップ 泉澤守「無意識の絵画”デカルコマニー”を描こう」

  • 講師:泉澤守(出品作家)
  • 日時:2月25日(日曜)午後2時~4時
  • 会場:高崎市南公民館 5階 調理実習室
  • 定員:20名(予約先着順)
  • 参加費:300円
  • 申込み:1月23日(火曜)午前10時より高崎市美術館(027-324-6125)にて電話受付

3.出品作家による講演会 森竹巳「視覚実験の造形史」

  • 講師:森竹巳(出品作家)
  • 日時:3月3日(日曜)午後2時~
  • 会場:高崎市南公民館 5階 講義室
  • 定員:50名(予約先着順)
  • 参加費:無料
  • 申込み:1月23日(火曜)午前10時より高崎市美術館(027-324-6125)にて電話受付

このページの担当

  • 高崎市美術館
  • 電話:027-324-6125
  • ファクス:027-324-6126