予防接種

※保健予防課 予防接種担当窓口の場所が変わりました。
令和2年12月まで:高崎市保健所4階 保健予防課1番窓口
令和3年1月から:高崎市保健所4階 『教室』

新型コロナウイルスのワクチン接種について

子どもの予防接種

HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症(子宮頸がん予防)ワクチンについて

小学校6年生から高校1年生相当までの女子とHPVワクチンの積極的な勧奨を差し控えている間に、定期接種の対象であった平成9年度生まれから平成17年度生まれまでの女子は、予防接種法に基づいて、無料でHPVワクチンが受けられます。接種を希望する場合は、HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症(子宮頸がん予防)ワクチンをご確認のうえ接種を受けてください。

予防接種説明会について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、当面の間、毎月1回開催していた予防接種説明会の実施を見合わせます。再開のめどが立ち次第、ホームページや広報でお知らせします。

特別な理由による定期予防接種の再接種への補助について

骨髄移植を受けた等の特別な理由により免疫が消失してしまった方が再接種を受ける場合に、費用を補助する制度が始まりました。

特別な理由により定期予防接種を再接種する方へ費用を補助します

高齢者の予防接種

おとなの風しん抗体検査と予防接種

現在、風しん予防に関する2種類の事業があります。

予防接種を市外で受ける場合について

予防接種によって健康被害が起きてしまった場合は

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う定期予防接種の機会確保について

予防接種は適切な時期に受けましょう

予防接種は、それぞれの感染症の特徴を考慮して接種時期や回数が決められています。予防接種は「不要不急の外出」にはあたりません。医療機関の受診を控えた結果、必要な時期に予防接種を受けそびれたということのないよう、ご注意ください。詳しくは下記のページをご覧ください。

予防接種は適切な時期に受けましょう

このページの担当

  • 保健予防課
  •  予防接種担当
  • 電話:027-395-6155