介護予防サポーターの育成

介護予防サポーターとは

高齢者が介護予防について学び、地域で介護予防活動に取り組むことにより、自立支援、地域づくりを推進するため、平成18年度から養成を開始しています。所定の研修を受講後、高崎市の介護予防サポーターとして登録されます。

介護予防サポーター養成研修

対象者

高崎市民で、以下の目的を理解し、介護予防サポーターとして活動できる人。

目的:介護予防の知識を身につけ、地域の中でボランティアや自主的なグループの立ち上げ等を率先して実施していく。

主な研修内容(例)

  • 介護予防概論
  • 栄養について
  • 口腔衛生について
  • 運動について
  • 認知症について
  • 地域づくりについて

介護予防サポーターの活動

  • 市主催の介護予防事業等へのボランティア参加
  • 地域におけるサロンや集い等への協力
  • サロン開催や自主グループの運営及び立上げ
  • 介護予防に関する研修参加
  • 介護予防フェスティバルへの参加 等

フォローアップ研修

介護予防サポーターとして積極的に活動される方に、年に数回フォローアップ研修を行います。内容は、地域活動について、レクリエーション講習や軽体操の紹介、介護予防に関する講演会などです。

このページの担当

  • 長寿社会課
  • 電話:027-321-1248
  • ファクス:027-326-7387