未婚のひとり親の方へ 寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します

市は、子育て中のひとり親家庭を支援するため、税法上の寡婦(夫)控除が適用されない婚姻歴の無い(未婚)ひとり親に対し、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。

対象者や対象事業は以下の通りで、使用料等の減額等を行います。

寡婦(夫)控除のみなし適用は使用料等の算定に用いるのみであり、実際の所得税、住民税を減額するものではありません。

所得の状況等により、寡婦(夫)控除をみなし適用しても使用料等の減額等にならない場合があります。

みなし適用を受ける場合は申請が必要となりますので、利用される事業の担当課へお問い合わせください。

事業概要

所得税及び住民税の課税額等を根拠として算定している使用料等について、未婚のひとり親にも寡婦(夫)控除をみなし適用し、税法上の寡婦(夫)控除が受けられる方と同等の使用料等にします。

対象者

高崎市に住所があり、次の1~3を全て満たしている方

  1. 婚姻をしたことがなく、申請時も婚姻(事実婚を含む。)していない母または父
  2. 所得を計算する対象となる12月31日現在において未婚の母または父
  3. 税法上20歳未満の子どもを扶養していること

特定の寡婦及び寡夫を適用する場合は、合計所得金額500万円以下の方が対象となります。

対象事業

事業名一覧
 事業名称担当課(連絡先)
1 子育て短期支援事業(ショートステイ・トワイライトステイ) こども救援センター
(027-321-1315)
2 重度障害者日常生活用具給付等事業 障害福祉課
(027-321-1245)
3 難聴児補聴器購入支援事業補助金
4 重度身体障害者(児)住宅改造費補助
5 身体障害者自動車改造費補助金
6 身体障害者運転免許取得費補助金

実施時期

平成27年9月1日から

申請方法

利用する事業により必要な書類が異なりますので、事前に担当課に問い合わせてから申請してください。

このページの担当

  • こども家庭課
  •  こども企画担当
  • 電話:027-321-1316
  • ファクス:027-324-1849