平成27年度人権を考える市民の集い

趣旨

21世紀は「人権の世紀」ともいわれており、誰もが平等に尊重され、明るく幸せに生活する権利を持っています。そのためには、自分の権利と同じように相手の権利も認め、お互いの人権を尊重しあうことが大切です。

わが国では、日本国憲法に明示されている基本的人権の確立のため、人権擁護のさまざまな努力が続けれられてきました。いまや地球規模の交流時代の中で、人権の尊重がいっそう強い社会的要請にまで高まっています。

本市は、人と人とのふれあいを大切にした、心豊かな地域社会を実現するため「人権尊重都市宣言」を制定しています。

このようなことから、すべての人々の人権を尊重し、思いやりとやさしさに満ちた地域社会の実現を目指すために「人権を考える市民の集い」を開催しました。

チラシイメージ1

2015人権を考える市民の集いチラシ(PDF形式 1.5MB)

日時等

  • 日時:平成27年11月14日(土曜日)午後1時30分~3時30分
  • 場所:高崎市市民活動センター「ソシアス」(足門町1669-2)

人権標語・作文、人権啓発絵画コンクール受賞作品の表彰式及び発表

  • 午後1時30分~2時
  • 要約筆記あり

人権標語受賞・入選作品

市長賞

大事だよ 目をそらさない その勇気

市議会議長賞

みんなある 一人一人の いいところ

教育長賞

「ありがとう」 五文字に込めた あたたかさ

入選

  • もらったら わたしもかえすよ やさしさを
  • ともだちに えがおのバトン わたそうよ
  • ありがとう みんなのこころに たねをまく
  • 言うまえに 自分の気持ちに おきかえて
  • 見つけよう 君の良いとこ もう一つ
  • もう一度 相手の気持ち 考えて
  • 広げよう だめだと言える その勇気
  • 国境を 越えてもみんな 同じ人
  • 差別なし みんなが今の 主人公

人権作文

高崎市人権擁護委員会会長賞

「学べる幸せ」

前橋地方法務局高崎支局長賞

「子どもの貧困について」

人権啓発絵画コンクール受賞作品

市長賞

市長賞作品

市議会議長賞

議長賞作品

教育長賞

教育長賞作品

講演会

  • 午後2時~3時30分
  • 要約筆記あり

演題

「キャスターから見た人権」 

講師

宮川 俊二さん (キャスター)

宮川俊二さんの写真

講師プロフィール

1947年愛媛県宇和島市生まれ

NHKに入社、「ミッドナイトジャーナル」のメインキャスターを務め、チーフアナウンサーとして活躍。NHKを依願退職後は1年間ベトナムでの日本語講師として充電。その後、フジテレビ「ニュースJAPAN」のキャスターなどを務め、現在はフリーアナウンサーとして報道・情報・クイズ・バラエティなど数多くの番組に出演中。

主な著書

「アオザイの国へ」

主な出演番組

「ニュースJAPAN」「スーパーニュース」(CX)「大人のツボ!」(BS-JAPAN)」など、多数。

人権標語・人権啓発絵画作品展示

  • 日時:平成27年11月17日(火)~24日(火)
    午前8時30分~午後9時30分(17日は正午から、24日は午後3時まで)
  • 場所:高崎市役所1階ロビー

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 人権男女共同参画課
  • 電話:027-321-1228
  • ファクス:027-326-3873