定期予防接種について

下表の予防接種は、法律で定められている定期予防接種です。感染症の予防のためにも、すすんで予防接種を受けましょう。

対象年齢内は定期接種に該当し、無料です。対象年齢を過ぎてしまうと任意接種となり、有料となります。

※長期にわたる疾病等のため定期予防接種を受けられなかった場合

定期予防接種一覧
予防接種の種類ワクチンの種類接種回数対象年齢
B型肝炎 不活化 3回 出生後から1歳に至るまで
ヒブ 不活化 4回 生後2か月から5歳に至るまで
小児用肺炎球菌 不活化 4回 生後2か月から5歳に至るまで
四種混合
(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ)
不活化 4回 生後3か月から7歳6か月に至るまで
三種混合 ※1
(ジフテリア・百日咳・破傷風)
不活化 4回 生後3か月から7歳6か月に至るまで
不活化ポリオ ※1 不活化 4回 生後3か月から7歳6か月に至るまで
BCG(結核) 1回 出生後から1歳に至るまで
水痘 2回 満1歳から3歳に至るまで
麻しん風しん混合 第1期1回 満1歳から2歳に至るまで
第2期1回 満5歳から7歳未満で、小学校就学前の1年間

日本脳炎※2

不活化 第1期3回 生後6か月から7歳6か月に至るまで
第2期1回 満9歳から13歳未満
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
不活化 1回 満11歳から13歳未満
HPV(子宮頸がん)※3 不活化 3回 小学6年生から高校1年生相当の女子(女子のみ)

※1…平成24年11月1日から四種混合が定期接種となったことにより、順次四種混合に切り替えられており、新たに接種を始める方は原則として四種混合ワクチンを使用します。

※2…平成17年の積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃してしまった方への特例措置があります。(平成7年4月2日~平成21年10月1日生まれの方)

※3…平成25年6月から、積極的な接種勧奨が差し控えられています。

関連情報リンク

このページの担当

  • 保健予防課
  • 電話:027-381-6112