新型コロナウイルス感染症患者の発生について(市内2例目)

概要

4月3日(金)、新型コロナウイルス感染症疑い患者のPCR検査を実施したところ、陽性が判明しました。高崎市内で感染が確認されたのは、2例目です。

患者情報

年齢・性別

40代男性

居住地

高崎市

職業

会社員

症状及び行動

  • 3月14日から15日 自宅で過ごす。
  • 3月16日から19日 自宅と職場のみ。
  • 3月20日から22日 いずれか2日間の午前中のみ市外大型スーパーで買物。本人マスク着用なし。
  • 3月23日から27日 自宅と職場のみ。
  • 3月28日 少し熱っぽい感じあり。喉の違和感あり。漢方薬を服用。この日から4月1日までは自宅で過ごす。
  • 3月29日 体調良くなる。
  • 3月30日 職場での患者発生を受けて、この日から自宅待機となる。
  • 3月31日 発熱38.0℃
  • 4月1日 37.4℃ 少し息苦しさあり。
  • 4月2日 37.4℃ 症状変わらず。保健所に相談、帰国者・接触者外来に紹介。CTにて新型コロナウイルス感染症を疑う所見あり、検体採取。
  • 4月3日 午後5時、陽性判明。県内医療機関に入院となる。
  • 4月4日 現在の様態は安定している。

行動歴

群馬県17例目、19例目の患者と同じ職場。同じ課で同じ列の席。17例目の際には濃厚接触者には該当していなかった。事務室でのマスク着用はなかった。本人の海外渡航歴なし、県外への外出なし。通勤時は自家用車を使用。公共交通機関の利用はなし。 

濃厚接触者

3月28日(土)以降は出勤していないため、濃厚接触者は妻のみ。

4日(土)、検体を摂取。6日にPCR検査を実施した結果、陰性でした。

※今後は濃厚接触者としての健康観察を開始し、外出自粛を依頼します。

濃厚接触者とは

  • 患者と同居あるいは、長時間の接触。
  • マスクなしに、患者を診察、看護、介護する。
  • 患者の痰や体液等に直接触れた可能性がある。
  • 2メートルの範囲で、患者とマスクなしに一定時間以上会話をしたもの。

※これに該当しなければ、感染のリスクは低いと言えます。そのため、スーパーや交通機関の利用があったとしても、これにあてはまらなければ、消毒や施設の閉鎖は必要ないと、県に確認しています。