防災手引き「あらゆる災害から命を守る」を作成しました

令和元年10月12日から13日にかけて本市を襲った『令和元年東日本台風』では、本市で初めて「大雨特別警報」が発表されるなど記録的な大雨によって、市内で63か所の避難所に3,300人を超える市民が避難しました。

本市では、この経験を踏まえ、個人や家庭の備え、また地域の防災力の更なる強化のための防災手引き「あらゆる災害から命を守る」を作成しました。今後の防災活動のためにぜひご覧ください。

防災手引き概要

表紙イメージ

手引き(PDF形式 5.5MB)

目次(一部抜粋)

1.自分と家族を守る防災~『自助』のすすめ~

2.自分たちのまちは自分たちで守る~『共助』での助け合い~

3.避難所の運営

4.自主防災組織の結成と市の支援制度

5.避難行動要支援者対策

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 防災安全課
  •  防災安全担当
  • 電話:027-321-1352