特集展示 Love Pop

特集展示 Love Pop(2022年度)

ポップ・アートの「ポップ」とは、「ポピュラー (popular, 大衆的な)」という言葉に由来しています。1950年代にイギリスで誕生し、60年代のアメリカで大きく花開いたポップ・アートは、大量生産・大量消費社会を背景に、マンガや商業広告のイメージを作品に取り込み、芸術の世界を親しみやすいものへと変えました。
本展覧会では、当館収蔵のロイ・リクテンスタイン、ロバート・ラウシェンバーグ、アンディ・ウォーホルら、1960~70年代のポップ・アート期前後のアメリカ美術を代表する作家たちの版画作品と、彼らに影響を受けた日本のアーティストの作品を中心に紹介。
「ポップ・アートの少し前」「ポップ・アートの隆盛」「かたちへの挑戦」「3つのイズム」「Love Pop」の5つのコーナーから、半世紀過ぎてなお愛されるポップ・アートの魅力に迫ります。

会期

令和4(2022)年12月10日(土曜)~令和5(2023)年1月22日(日曜)

出品作品

  • ロイ・リクテンスタイン《泣く少女》1963年
  • ロバート・インディアナ《ア・ガーデン・オブ・ラブ チューリップ》1982年
  • 渡辺おさむ《LOVE》2015年 秋山コレクション

主催・会場

高崎市美術館

開館時間

高崎市美術館

午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
金曜日のみ 午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
※混雑状況により入室制限となる可能性がございます。

旧井上房一郎邸

【邸内】
午前10時~11時、午後2時~4時
※混雑状況により入室制限となる可能性がございます。

【庭園】
午前10時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

会期中の休館日

  • 12月12日(月曜)・19日(月曜)・26日(月曜)
  • 12月28日(水曜)~令和5(2023)年1月4日(水曜)(年末年始休館)
  • 1月10日(火曜)・16日(月曜)

観覧料

  • 一般:300(200)円
  • 大学・高校生:200(150)円

※( )内は20名以上の団体割引料金

※インターネット割引券をご提示の方は2名様まで( )内の料金でご覧いただけます。

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付添いの方1名は無料でご覧いただけます。受付で手帳または障害者手帳アプリ「ミライロID」をご提示ください。

※65歳以上の方は無料でご覧いただけます。年齢の証明ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証、保険証等)を受付でご提示ください。

※大学・高校生は大高生料金でご覧いただけます。学生証を受付でご提示ください。

※中学生以下は無料でご覧いただけます。

※旧井上房一郎邸の観覧料は美術館観覧料に含まれます。

関連事業

  • ワークショップ「LOVEバッジをつくろう!」
  • 出品作家と学芸員によるギャラリートーク

このページの担当

  • 高崎市美術館
  • 電話:027-324-6125
  • ファクス:027-324-6126