養蚕演劇「蚕影様物語」

語り継ぐべき歴史がある

蚕影様

降雹の絵

この演劇は、雹害による惨状と先人の生き様を再現し、養蚕、そして群馬の発展の影には、様々な困難とそれを乗り越えてきた歴史があったことを伝える、郷土愛に満ちたお話です。

蚕影様物語チラシ(PDF形式 2.7MB)

公演概要

あらすじ

明治期の箕郷地域にある養蚕農家。家族みんなで大切にお蚕を育てています。そこで暮らす天真爛漫な少女トヨは繭が沢山とれたら新しい着物を買ってもらえると大張り切り。しかしそんなある日、晴れていた空が急に暗くなり、雷光がひらめき、雹がニ尺も降り注ぎ、あたり一帯は氷の海と化し、桑畑が大打撃を受けました。この一帯は養蚕農家が多く、三眠(ふなやすみ)となる前で、桑の葉がないと、お蚕の飼育を続けることはできませんでした。村人たちは涙ながらに生きたままのお蚕を土の中に埋め、その供養とこの時の惨状を後世に伝えるために「蚕影碑」を建てました。

柏木沢の蚕影碑(高崎市の文化財 市指定のページ)

日時

令和5年3月12日(日)午後2時 開演(午後1時30分開場)

※やむを得ず公演中止、または日程、内容が変更となる場合がございます。

会場

箕郷文化会館

群馬県高崎市箕郷町生原922-1

※駐車台数に限りがありますので、乗り合わせでのご来場にご協力ください。

※公演当日の状況によっては、詰込駐車をお願いすることもあります。

料金

全席指定 500円

※3歳以上有料(3歳未満でも席が必要であれば有料)

出演者

公募市民

チケット

一般発売:令和5年1月6日(金)午前10時より

※電話予約は翌日より受付いたします。また、電話予約の受付は箕郷文化会館のみとなります。
他のプレイガイドでは電話予約での受付はいたしておりません。

公演に関する問い合わせ

箕郷文化会館 電話:027-371-7211

休館日:月、火、年末年始

新型コロナウイルス感染症の対策について

  • 政府・自治体・関係諸機関から示される正確な情報収集に努めるとともに、感染拡大防止に細心の注意を払い公演を開催いたします。
  • 開催におきましても、適切な安全対策を講じてまいりますが、ご来場のお客様にも、会場内における感染症拡大防止へのご協力(検温やマスク着用や手指消毒等)をお願い申し上げます。なお、換気のためドアを開放して公演を実施する場合がありますので、当日の天候に応じた服装のご用意をお願いいたします。
  • 感染拡大防止のため、ご来場者のお名前と連絡先は、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 当日、体温37.5℃以上の熱がある方や体調に不安がある方のご来場はお控えください。
  • 出演者への声援、出待ち、入待ち等はお控えください。

プレイガイド

  • 高崎芸術劇場チケットセンター
  • 群馬音楽センター
  • 高崎市文化会館
  • 高崎シティギャラリー
  • 箕郷文化会館
  • 新町文化ホール
  • 榛名文化会館
  • 吉井文化会館
  • 高崎市倉渕支所(地域振興課)
  • 高崎市群馬支所(地域振興課)

主催

高崎市

PDF(Portable Document Format)ファイルの利用には、アドビシステムズ社から無償で配布されているAdobe Reader等のアプリケーションが必要になります。

最新のAdobe Readerプログラムを入手する

このページの担当

  • 文化課
  •  箕郷文化会館
  • 電話:027-371-7211
  • ファクス:027-371-7212