新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症対策に係る医療体制の強化

市は、高崎市医師会と連携し、医療体制の強化を図ります。発熱の症状を不安に思う市民を適切な医療機関につなぐことで、医療機関への感染リスクを減らし、また、発熱した人が受診できる医療機関を確保することにより、市民の安心に寄与するものです。

  

発熱受診外来「土曜・休日発熱者外来」を設置

市は、夜間休日急病診療所(市総合保健センター1階)に、市医師会の全面協力のもと、会員の医師が交替で発熱した人の受診にあたる、「土曜・休日発熱者外来」を開設しています。事前の電話で症状を詳しく聞き取った上、予約を受け、診察を行います。

専用電話受付:午前9時30分から正午

相談窓口「発熱者受診相談センター」を設置

市医師会は、平日の診療体制として、「発熱者受診相談センター」を設置し、発熱者からの電話相談を受け付けます。帰国者・接触者相談センター(市保健所)と連携し、発熱者の受診先(市医師会の協力を得て登録をいただいた市内約60の医療機関)を案内します。

専用電話受付:午前9時30分から午後4時

※なお、心配のある人は、今まで通り帰国者・接触者相談センター(市保健所)にご相談ください。

帰国者・接触者相談センター(高崎市保健所)

平日 午前8時30分~午後9時

夜間及び休日

関連リンク

保健医療総務課

電話:027-381-6111

E-mail:

hoken-soumu@city.takasaki.gunma.jp

ページのトップへ戻る