戸籍に関する証明書の請求

戸籍に関する証明書一覧

一覧
1 戸籍全部事項証明
(従来の戸籍謄本)

戸籍原本の内容をそのまま全部写したもの。

(その戸籍に記載されている全ての人の証明書のことです。)

2 戸籍個人事項証明
(従来の戸籍抄本)

戸籍原本の内容の一部を写したもの。

(その戸籍の特定の人の証明書です。)

3 除籍全部事項証明
(従来の除籍謄本)

除籍原本の内容をそのまま全部写したもの。

(その除籍に記載されている全ての人の証明書です。)

4 除籍個人事項証明
(従来の除籍抄本)

除籍原本の内容の一部を写したもの。

(その除籍の特定の人の証明書です。)

5 改製原戸籍謄本

改製原戸籍の内容をそのまま全部写したもの。

(その改製原戸籍に記載されている全ての人の証明書です。)

6 改製原戸籍抄本

改製原戸籍の内容の一部を写したもの。

(その改製原戸籍の特定の人の証明書です。)

7 身分証明

身分証明とは、成年被後見人(従前の禁治産者)、被保佐人(従前の準禁治産者)及び破産者についての有無を証明するものです。

8 戸籍の附票 戸籍の附票とは、戸籍が作られてからの住所を記録したものです。
戸籍についての説明
戸籍 日本人が出生してから死亡するまでの身分に関すること(出生、結婚、死亡、親族関係など)を記録したものです。 現在の戸籍は、夫婦と未婚の子を単位に作られています。
除籍 戸籍に載っている人全員が、その戸籍からいなくなると、除籍となります。
注意:戸籍の中のどなたかが亡くなって戸籍から除かれても、まだその戸籍に残っている人がいれば、戸籍の扱いとなります。
改製原戸籍 戸籍原本の様式変更(改製)の際に、その当時有効な(除籍になっていない)戸籍は新様式への作り替えられ、この作り替える前の戸籍のことを改製原戸籍といいます。
注意:亡くなった方の出生から死亡までの戸籍をそろえる場合、改製原戸籍が必要となることが多くなります。

請求できる方

本人、配偶者、直系尊属、直系卑属

請求できます。

代理人

請求する人の住所、氏名、本籍、筆頭者が正確にわかっていれば、請求できます。ただし、請求者の委任状(委任の旨を証する文書)が必要になります。

代理人以外の第三者

特別な場合を除いて請求できません。
注意:戸籍の附票については、正当な理由があれば、本籍、筆頭者が正確な場合のみ一部必要とする方だけの分を請求することができます。

請求するときの注意

  • 身分証明書は本人請求だけであり、代理人の場合は、請求者の委任状(委任の旨を証する文書)が必要になります。
  • 他人の戸籍を請求するときは、請求理由、利用方法などを具体的に明らかにしてください。 注意:請求理由などの内容を確認するため、資料の提供を求めることがあります。 注意:請求理由などの内容によっては、請求に応じられないことがあります。
  • 窓口にきた方は身分証明書(免許証、保険証等)を提示してください。

請求窓口

高崎市役所本庁市民課5番窓口又は各支所市民福祉課、各市民サービスセンター

申請窓口及び取扱時間

手数料

 証明書の種類 手数料の額
戸籍全部事項証明(戸籍謄本) 1通450円
戸籍個人事項証明(戸籍抄本) 1通450円
除籍全部事項証明(除籍謄本) 1通750円

除籍個人事項証明(除籍抄本)

1通750円

改製原戸籍謄本

1通750円

改製原戸籍抄本

1通750円

身分証明

1枚300円
戸籍の附票 1通300円

申請書ダウンロード

郵送請求

可能です、請求方法については以下をご確認ください。

各種証明書の郵送請求

コンビニ交付サービス

コンビニエンスストア等で戸籍証明書(全部事項証明書・個人事項証明書)、戸籍の附票の写しが取得できます。詳細については、コンビニ交付サービスについてのページをご確認ください。

コンビニ交付サービスについて

注意

  • 平成20年5月1日法改正により、窓口にこられた方の本人確認が義務付けられました。 運転免許証、パスポート、顔写真付の住民基本台帳カードなど官公署の発行した写真付の証明書を持参してください。健康保険証、学生証、社員証等の場合は複数の書類を持参してください。
  • 本籍地が高崎市でない場合は、本籍のある市区町村役場へ請求してください。 なお、他の市区町村役場へは郵送請求することもできます。 (詳しいことについては本籍地へお問い合せください)

このページの担当

  • 市民課
  •  証明担当
  • 電話:027-321-1233
  • ファクス:027-320-1145