生ごみ堆肥化の方法

手順

手順1

1.日当りのよい土の上をよく耕して地中5~10センチくらい埋めて設置します。

手順2

2.台所の生ごみ、有機質のごみならOK!(細かく切って入れましょう。)
金属、ガラス、せともの類、貝殻、大きな骨、 タバコ、灰、ビニール、プラスチックなどは入れないようによく分別しましょう。

手順3

3.台所の生ごみは、水きりしてから入れてください。落葉、わら等は水分を吸収します。

手順4

4.生ごみが、20センチぐらいになったら土を2~3センチの厚さにかけます。
生ごみの発酵が促進されます。

手順5

5.土の中のバクテリアの働きにより、有機物のごみは発酵し分解され、堆肥化されてゆきます。

手順6

6.生ごみがいっぱいになったら容器を引き上げ、下部の黒く堆肥化した部分から使用します。
堆肥化していない部分は容器に再投入してください。 

生ごみ堆肥化容器を購入した場合は市から補助金が出ます

このページの担当

  • 一般廃棄物対策課
  • 電話:027-321-1253
  • ファクス:027-321-1161