高齢者医療

対象となる方

68歳・69歳で市民税非課税世帯の方と特例措置(昭和19年4月2日から昭和21年4月1日生まれ)で市民税非課税世帯の方

助成内容

対象の方には、高齢者医療費受給資格者証を交付します。医療機関を受診される場合、窓口負担は医療費の1割又は2割になります。
(食事療養費及び差額ベッド代等は対象外です。)

詳細は高齢者医療一部負担のページをご覧ください

受給者証の申請に必要なもの

  1. 保険証
  2. 高齢者医療該当の通知

診療を受ける場合

概要
高崎市国民健康保険加入者外来

保険証と受給者証を医療機関の窓口に提出して下さい。

※特例措置対象者の入院は除く

入院
高崎市国民健康保険以外の保険加入者外来
入院 保険証を医療機関の窓口に提出し、保険診療の自己負担分をお支払い下さい。加入している健康保険で高額療養費に該当する場合がありますので、市役所保険年金課医療給付担当へお問い合わせください。
市外の医療機関のとき

保険証を医療機関の窓口に提出し、保険診療の自己負担分をお支払い下さい。

後日市で医療費の一部払い戻し手続きをしますと受給者証に記載されている負担になります。

市役所への届出

住所が変わった時などは市役所への届出が必要です。詳しくは こんな時に届出ををご覧下さい。

医療機関の方へ

窓口で高齢者医療を適用された場合、健康保険の自己負担割合分と窓口負担額との差額を市へ請求してください。

詳しい請求方法につきましては、保険年金課医療給付担当へお問い合わせください。

このページの担当

  • 保険年金課
  •  医療給付担当
  • 電話:027-321-1237
  • ファクス:027-321-0898